版権とは何か?また売買についても解説

「版権って何?」
「版権の売買について知りたい」
「版権の歴史に興味がある」

版権」とは1875年(明治8年)に改正された出版条例で初めて使われるようになり、1899年(明治32年)に著作権法が公布されるまでの間に用いられていました。
現在の著作権法の著作権とは摘要される範囲が異なっており、著作物のうちの一部である図書等についての権利であり、「脚本」、「音楽」、「写真」、「映画」等のイメージしやすい著作物は対象とされていませんでした。

【特集】版権売買達人映像

福沢諭吉がcopyrightの訳語として作り出した

歴史的には明治時代に福沢諭吉がcopyrightの訳語として作り出したものと考えられています。
明治20年には単独の著作権立法として「版権条例」という法令が作成されましたが、1999年の著作権法では「著作権」の語が「版権」に代わり、法律上は廃止されてしましました。
また、別の意味合いとして二次元の創作物(同人誌)では「版権モノ」と言われることがあります。
すでに存在するキャラクターを使って描くわけですから、犯罪として問題になることが多々あります。

なぜ株式会社ゴールドリンクで資産運用を扱っているのか

売買する場合には「契約書」を交わす必要性がある

そういった観点から既存の著作物を使用する際には売買が必要という事になります。
売買する場合にはいくつかの注意点が存在します。
まず売買する場合には「契約書」を交わす必要性があります。
口約束で行うことも可能とされていますが、そのような場合にはどのような内容で合意したのか認識が食い違ってトラブルとなる恐れがある上、契約内容を示す証拠もないため、問題解決まで時間がかかることもあります。
契約書を交わしておくことで、双方の合意内容を明らかにして書面に残しておくことができるため、認識違いなどのトラブルを未然に防止することができます。
譲渡時は必ず契約書を作成するようにしましょう。

「ライセンス」や「特許」について

また、似たような言葉として「ライセンス」や「特許」という言葉があります。
法人向けの言葉であり、個人の著作物以上に多額の金額で取引されます。
そういった意味では「版権」と捉えることもできます。
これらには「ライセンス契約」を取り交わす必要があり、自社の持つ特許や実用新案、意匠、商標、著作権、ノウハウ等の知的財産権を他社に対して一定の対価(実施料・使用料・利用料)により,ライセンス(実施権・使用権・利用権)を許諾する契約をいいます。
知的財産権をライセンスする側は「ライセンサー」と呼ばれ、ライセンスを受ける側は「ライセンシー」と呼ばれます。

まとめ

すべての権利を売却せず、このような形で他社に使用を許諾して利益を得ることも可能なのです。
ライセンス契約は弊社提携の行政書士事務所が作成します。

ニュースでよく見るM&Aとは何か?光本勇介氏の解説

「M&Aの特徴が知りたい」
「光本勇介氏の経歴が知りたい」
「光本勇介氏の現在や過去の経歴に興味がある」

ニュースや新聞を見ていると、聞き慣れない言葉を見聞きする機会も多いです。
何となく分かっているつもりでも、どういうことですかと質問された時にしっかりと答えることは出来ないというビジネス用語はたくさんあります。
興味はあるけれど、説明しづらいビジネス用語についてこの機会によく理解しておきましょう。

光本勇介氏の現在

豊富なジャンルのビジネス書の中には流通業も含まれます

光本勇介さんに聞く!M&Aとは

テレビのニュース番組や新聞などで、M&Aという言葉を見聞きする機会も増えています。
このM&AとはMergersandAcquisitionsの略語でMergersが合併Acquisitionsは買収の意味を持ち、企業の合併買収のことを指しています。
日本でこのM&Aという言葉がビジネスのことについて興味がない人にも知れ渡ったのが、2005年のライブドアとフジテレビのニッポン放送の株争奪戦ではないでしょうか。
敵対的買収はM&Aの手法の1つで、様々な企業などを巻き込み大きな騒動となったのは印象に残っているという人は多いでしょう。
M&Aは基本的に2つ以上の会社が1つになるケースや、会社が他の会社を買うことです。
以前はニッポン放送の株争奪戦や、外資系企業による会社の乗っ取りというイメージがM&Aには色濃くありましたが最近は企業が成長する為の有効な戦略手段として用いられることも増えています。
一般的には会社同士の合併や買収のことを指しますが、企業同士の連携や資本の移動は伴わない業務連携などの広義として使用される場合もあります。

企業に与えるメリットとデメリット

合併や買収を行うことにより、企業に与えるメリットもあればデメリットも少なからずあります。
売り手側のメリットとしては合併買収により、会社の問題が解決し存続することが出来る点や経営資源がもたらされることにより売り手側の企業の経営が安定し発展を進めることが出来ます。
また既存の社員の雇用を、継続することが出来る点もメリットです。
デメリットとしては売り手側の企業は、経営に関するあらゆる権限が縮小することになり買収というイメージが取引先や消費者へのイメージダウンに繋がる場合もあります。
企業は存続しても、社員の離職が加速してしまう場合もあります。
買い手側のメリットとしては今行っている事業の強化や拡大が進めやすく、効率よく行えるようになる点が挙げられます。
新たな事業の展開も、低いリスクで行えるようになる点もメリットでしょう。
合併や買収によって売り手側の企業に在籍している、レベルの高い人材の確保やこれまで培ったノウハウを手に入れることが出来るのも大きなメリットです。
買い手側のデメリットとしては合併や買収後に、想定より低い効果に留まるケースも発生します。
元々異なる企業が一緒になることはただ単に契約上のことだけではなく、組織が上手に噛み合わなくなることもあり社員の離職が進んでしまう場合もあります。
企業を経営していく為には人や物や金の三大資源が複雑に絡み合い、想定外のことが起こることがあります。
メリット・デメリットをよく検討した上で判断することが重要で、人と人のコミュニケーションが欠かせないものであることを理解しましょう。

合併買収を実際に行う上で注意すること

実施した後に後悔しない為にも、合併買収を実際に行う上で注意することを認識しておくことは大切です。
売り手側の企業としてはまず何より合併買収によって、今いる顧客や取引先との契約や関係性が変わってしまうことです。
顧客や取引先によっては、これまでの取引を見直したいと申し出てくるケースもあり事前にこれからの関係性についてよく検討しておく必要があります。
社員の雇用条件や、労働の環境自体が変わることも想定されます。
売り手側から買い手側へ事業が譲渡された場合には、雇用の契約を1から結び直す必要があり社員が離職しやすい環境となります。
優秀な人材を失わない為にも雇用が継続するだけではなく、条件についても交渉することが大切です。
買い手側の注意点としては合併や買収をしたからといって、すぐに成長効果が実感出来る訳ではないことを頭に入れておくことです。
合併や買収は事前の交渉や実際の成約までに1年以上かかる場合が多く、長期的な目を持つことが重要です。
合併や買収によって組織を組み直す必要がある場合もあり、いかにシンプルな組織を構成するかが鍵となります。
合併や買収はどこの企業とでも上手くいくものではなく、買い手側の企業と合った相乗効果が期待出来る企業を探すことが大切です。
その上で条件について細かい交渉を行い、契約となる前にリスクに対して1つずつ対策を練ることです。

まとめ

合併や買収はあくまで1つのプロセスに過ぎず、契約後のプロセスこそが本番です。
専門家を用意してあらゆるリスクに対して、事前に対策を取りスムーズな事業進化が出来るような環境を整えておくことが必要です。
昨今流行状態となっている感染症の関係もあり、業績悪化によって国内だけではなく国外でも合併や買収を行う企業が増加しています。
企業同士が1つになることで、新たな関係構築とこれまでにない事業進化を発展させる為には様々な準備が必要不可欠です。

建設業界でDX推進に成功するための要素とは

「建設業界が今後成長していくためのポイントを知りたい」
「建設DXって何?」
「ブラニュー株式会社の求人情報を探している」

建設業界は多くの業界の中で最もデジタルシステムの導入が遅れていると言われており、その要素の1つに必要性を感じないというものがあります。
現場作業が多く、また複数の企業がプロジェクトを組んで業務を進めると言う形態が多いこの業界では、情報共有のためにデジタル技術を導入しても共有する情報が少ないと言う実態がありました。
様々な企業間の重要な情報はそれぞれのプロジェクトリーダーが現場で責任を持って伝達する仕組みとなっており、また作業報告書等もプロジェクトリーダーが責任を持って作成すると言うスタイルが多かったためです。
したがって作業者は与えられた作業を粛々とこなすと言う状況であったため、デジタルシステムを導入してもその恩恵に預かると言う事は少なく、むしろそのために様々な作業のプロセスが変わるため負担が大きくなると嫌悪感を持つことも少なくありませんでした。

ブラニュー株式会社 会社概要

太平エンジニアリングについて紹介します

建設業界特有の風土の中でDX推進を行うこと

このような建設業界特有の風土の中でDX推進を行う事は、非常に困難であると考えられる面も少なくありません。
経済産業省は日本の産業の活性化に向けて積極的にその推進を行おうとしていますが、実際には現場ではこれに対する拒絶感も強く、単純に作業の負担が増えるだけと認識されている風潮も大きなものです。
この雰囲気を大きく変えて積極的にDX推進を行い、その効果をもたらすためにはデジタルシステムの利便性をより多くの作業者に浸透させることが重要な課題です。
そのためにブラニュー株式会社など建設業界のDX推進をサポートする企業では、様々なアプローチを行っています。
その一つがこの業界の中で課題となる、様々な案件を達成するためのパートナー企業を探すと言う作業です。
複数の企業がプロジェクトやパートナーシップを結び1つの仕事を完成させることが多いこの業界では、そのパートナー企業を探すことが案件を成功させるための重要なポイントとなります。

インターネットサーバーを利用したパートナー企業のマッチングシステム

従来は職人の経験や社員の実績などからその企業を選ぶと言うことが多かったのですが、最近では様々な問題が発生するリスクもあり公正に選ぶことも重要視されるようになりました。
特定の企業ばかり選んでいる場合には、担当者と何らかの癒着が発生しているのではないかと言われることも多く、実際にはその実態がなくても風評などでパートナーシップを結びにくくなってしまうことも多いものです。
しかし全くその技量がわからない企業を選ぶことが難しく、何らかの基準を設けた上で構成に判定することが必要となっていました。
これを後押しするために開発されたのがインターネットサーバーを利用したパートナー企業のマッチングシステムであり、これを利用することで簡単に対応できる会社を見つけることができるようになります。

迅速に最適な技術を持った企業を見つけることができる

最大のポイントはそれぞれの企業が自らの技術力を登録することで、その情報によってパートナーを選ぶ企業が検索を行うことができるため、迅速に最適な技術を持った企業を見つけることができるのが特徴です。
ホームページと言うシンプルな構造であるため簡単に誰でも利用することができ、同時に24時間365日いつでもその情報を検索することができると言うメリットもあります。
10代は電話で相手企業に連絡をしたり、実際に面談をして詳細を確認すると言うことも多かったのですが、これでは具体的な内容を把握するまでに非常に時間がかかり、なかなか選ぶことができないと言う場合も多いものでした。
しかも数多くの企業の中から選ぶことが時間の制約上難しく、結果的にはよく知っている実績のある企業となってしまうことが多かったものです。

面談等の必要性がなくなるため大幅な時間短縮を実現することができる

このシステムでは単純にパートナー企業を簡単に見つけることができると言うばかりでなく、最適な技術を持ったところを数多くの中から選び出すことができるほか、面談等の必要性がなくなるため大幅な時間短縮を実現することが出来るのもメリットとなっています。
また現場作業の上でもデジタルシステムを利用すると、作業を効率化できる面があり、これも既に実用化されているシステムが存在します。
現場では作業が完了した後その写真を撮影し担当者の記録とともに保管する仕組みとなっていますが、これを作成するためには様々な道具を現場に持ち込まければならず、また写真などを撮影した後担当者は自分の席に戻って報告書を作成しなければならないと言う手間が発生していました。
報告書を作成する段階で確認のために現場に戻ると言うことも多く、そのために多くの時間を費やしていたのが実態です。
この報告書作成をスマートフォンやカメラ付きのタブレットなどを利用することによって現場で作成し、通信を利用して本社に送信することで様々な手間を省くことができます。
作業者は車に戻らずにそのまま帰宅したり、もしくは次の現場に移動することができるため非常に作業効率を高めることができるのも特徴です。

まとめ

このような実際に効果を実感することができるデジタルシステムを数多く導入することで、建設業界の内部からのDX推進に積極的な風潮を生み出そうとしているのが実態です。

豊富なジャンルのビジネス書の中には流通業も含まれます

今まで会社員として何らかの仕事をしてきた方でも、後に独立して起業することを希望することは決して少なくはありません。
前職の経験を生かしてビジネスをスタートさせる方がいれば、畑違いのジャンルで起業を考える方も多く、完全に個人で新しいビジネスを始める方法だけではなく、フランチャイズに加盟する方法も悪くはありません。
フランチャイズを希望した方は既に蓄積されたノウハウと、仕事をする上でのマニュアルが出来上がっていること、仕入れ先を自分で確保する必要性がないこと、宣伝用のチラシも本部で作っていることが多いので心理的な負担は無くなります。
独立できるまでの期間はフランチャイズのジャンルにより違いはありますが、完全に独り立ちできるようになるまで、徹底した教育を受けられることもメリットではないでしょうか。

ニュースでよく見るM&Aとは何か?光本勇介氏の解説

フランチャイズの場合は売り上げによっては利益を圧迫する

ところがフランチャイズの場合はロイヤルティーが発生することが殆どなので、売り上げによっては利益を圧迫してしまいます。
更に仕入れをしなければならない物品が多くても、本部から購入をすることに限定をしている場合もあるので、他では安く入手できるような物品でも、高い料金を支払わないとならないというデメリットも少なからず存在しています。
この方法以外で完全に自由に縛られることなくビジネスをスタートさせたい方は、事業目的に合わせたビジネス書を購入して勉強を十分に行ってから起業することで、失敗を防げる可能性は高まります。
書店でもネット通販店でも数多くのビジネス書は販売されていますが、その中でも商売をする上で最も基本とされる流通業で独立をすることを希望した場合、立場上は問屋となることが多いので、仕入れ先を確保する他に、取り引き先となる売り先を確保することは絶対条件です。
流通業でのビジネス書の中には、仕入れルート、販売ルートの問題だけではなく利益を高める方法や粗利の設定など詳細事項が掲載されていることが多いので、全ての業務内容において知識力を身に付けることが最初の第一歩になります。

流通業といっても販売する商品はジャンルが広い

流通業といっても販売する商品はジャンルが広いので、この選び方は独立する本人が少しでも興味を持っている業界、あるいは友人や知人が同じジャンルの業界でメーカーに勤務していたり、小売店に勤務をしている場合では、情報を収集しておくことと、伝手を使ってそのジャンルで起業する方法も効果的です。
仕入れ品を小売店へと販売する問屋の仕事では、いかに安く仕入れすることと、販売先の店舗数を増やすことが大原則になるので、どちらも営業力というものは欠かせません。
営業力というのは仕事をする上で金銭的な部分で力を持っているという発想ではなく、ビジネスの世界では営業スタッフが必ず在籍しているものなので、交渉能力や対面でのコミュニケーション能力など、取り引き先に対してのアクションを行える力を指しています。
例えば仕入れ先を探す場合、相手先企業にアポイントを取って商談をすることが必要とされ、この時点で商品単価を下げることができれば問題はありません。
逆に仕入れ先によっては実績が無いことで取引を拒否されてしまう可能性もあるので、1社だけではなく欲しいアイテムを製造するメーカーや商社を増やしていくことは最低限必要なことです。

仕入れ先においては安定性や信頼度を感じ取れる企業に厳選する

もしも営業中に商品の供給がストップしてしまうと、当然ながら売り上げは急落してしまうので、どこでも良いという考え方ではなく仕入れ先においては安定性や信頼度を感じ取れる企業に厳選することがベストな方法です。
後は卸し先の小売店を開拓していく方法になり、こちらも各小売店にはバイヤーが在籍していることが前提にあるので、まずは電話でもメールでも卸しを行いたい小売店に対して商談のアポイントを取ることは当然ながら最も重要な仕事になります。
商談では売りたい商品の数々を見本として持っていき、次に卸価格を決めることでバイヤーが納得するかどうかの判断が分かれます。
勿論却下されてしまうことは想定できますが、物を売る商談の場合は、プレゼンテーションの能力も欠かせないので、ビジネス書を参考にしてみると成功率を高めることは不可能ではありません。
仕入れ先を確保して売り先も確保できた段階で、初めて売り上げを得ることができるので、この調子で売り先の開拓を進めながらも、低単価で良品を購入できる仕入れ先も随時開拓することで独立起業を成功させることができます。

まとめ

現在はこの流通業においてはビジネスチャンスは意外と多く、以前は小売店しか売り先が無かったものの、パソコンとインターネット環境があれば、ネット上でも販売することができるので、不良在庫を抱えてしまうリスクも無くせます。
個人で始めたばかりの会社では、新規開拓は通常は難しい仕事になり、その理由は他の同業会社と販売する商品がバッティングをしていたり、同じような商品を安く販売する企業の存在をあげられます。
独自路線でこの世界で成功するには、仕入れ先は海外にまで広げてみる方法も効果的です。
実際に現地に行かなくてもオンラインで海外商品を輸入する会社があるので、ビジネス書を基本としながらもネット情報も大切です。