DX検定の特徴と取得するメリット

最終更新日 2024年5月17日 by wissma

社会人が取得を目指す検定試験はたくさんありますが、近頃はDX検定を受験する人も増えています。
名前は聞いたことがあるけれど内容は詳しく知らない、何となく知っているけれど取得する意義が分からないと感じている人もいるかもしれません。
近年ではDXが推進されており、これに関する正しい知識を持ったり高いスキルを身に着けたりするためにはこの検定が有効だと言えます。
具体的な特徴からメリットまで理解し、取得を検討してみることがおすすめです。

建設業界でDX推進に成功するための要素とは

DX検定とは

DX検定とは日本イノベーション融合学会ITBT検定委員会によって実施されています。
簡単に説明すると、今後の社会の発展やビジネスに必要な人財のための知識検定と定義されており、受験することで自身のDXレベルが分かるようになっています。
検定試験には合格と不合格の2パターンしかないものも多いですが、こちらの場合は合格や不合格で実力を判断するのではなく、スコアごとにレベルが判断できるようになっていることが特徴的です。
満点は1000点であり、600点以上であればスタンダードレベル、700点以上はエキスパートレベル、800点以上となるとプロフェッショナルレベルと認定されます。
600点以上のスコアを獲得できた人にはオープンバッジが進呈されることになっており、名刺やプロフィールなどに認定レベルを記載することが可能です。
レベル認定は2年間の有効期限があるため、継続してレベルを示したい場合は注意が必要だと言えます。

社会人がDX検定を受験するメリット

社会人がDX検定を受験することには多くのメリットがあるでしょう。

DXについての理解力を簡単に測定することができる

まず、DXについての理解力を簡単に測定することができます。
自分はこれに関して豊富な知識を持っている、確かなスキルを保有していると思っていても、実際にそのレベルを確かめることは困難でした。
実力以上の力があると見積もっていると、この力を発揮しなければならないときに何故か上手くいかないという問題が起こってもおかしくないです。
DX推進のためには、これに関わる人全てが自分のレベルを把握してスキルや知識を向上させていくことが大切だと言えます。
主観的に実力を判断せずに済むので、この検定を受けて実力をチェックしておくことがおすすめだと言えるでしょう。
検定を受けると自分の苦手な分野などがハッキリするので、足りない部分の学習を積極的に行えばレベルアップを狙うことができます。

社内における評価アップに繋がる

社内における評価アップに繋がることもあるという点もメリットです。
比較的新しい検定試験ではありますが、DX推進に力を入れている企業ではDX検定の受験を推奨しているケースが多いと言えます。
一定以上のスコアを獲得すれば奨励金が支給されるというケースもあるでしょう。
直接報酬に繋がることがなかったとしても、DXに理解がある人材と評価されることになり、関連する仕事やプロジェクトを任せてもらえる可能性もアップします。
社内での評価を高めたい、色々な仕事を振ってもらえる人材になりたいと考えている場合におすすめだと言えるでしょう。

転職に有利になる

転職に有利になるというメリットもあります。
昨今はどの企業でもDX推進に力を入れており、スキルや知識を有する人材の確保に奮闘している企業も多いです。
経済産業省が推進していることもあり、早急にDXを進める必要があると理解している会社が多いですが、その一方で実際に取り組むことは難しいとしている企業も多い状況だと言えます。
IT技術に疎い社員しかいない、教育を始めたがイマイチ効果が出ないなどの理由で悩んでいるケースは少なくありません。
そのような企業の中には、初めから高いスキルと豊富な知識を持った人材を採用する動きを見せる企業も増えています。
言葉だけで自信があると伝えても信憑性がありませんが、DX検定でハイレベルな認定を受けているのであれば本当に優れた人物だと評価してもらうことができるでしょう。

周囲に迷惑をかけずに済む

周囲に迷惑をかけずに済むというメリットもあることを知っておくと良いです。
DX推進担当者が配置されるケースは多いですが、DX化のためには組織に属する人全員の協力が必要不可欠だと言えます。
新たなシステムやツールを導入したとしても、社員が使えない状態では意味がありません。
IT技術の活用に疎い人は他の人よりも馴染むまでに時間がかかってしまう恐れがあり、周囲に迷惑をかけてしまう恐れもあります。
ですが、この検定試験のために学習を行えば、それまでよりもたくさんの知識を身に着けることが可能です。
自社でDX化を行うときにも素早く理解したり、指示された通りに行動できたりするでしょう。

まとめ

DX検定はまだ新しい試験なので、今後はますます注目度が高まると予想されます。
もしかすると、自分が勤めている会社から受験するように勧められることもあるかもしれません。
受験者の数も増えていくはずなので、特徴と取得することのメリットを理解し、早いうちに受験することを視野に入れてみると良いでしょう。