laravelフリーランスでの稼ぎ方

「laravelって何?」
「laravelの能力を使ってフリーランスで稼ぎたい」
「laravelフリーランス案件の探し方を知りたい」

laravelフリーランスで稼ぐ前に、laravelのことを把握しておく必要があります。
laravelは、ブログなどの動的なウェブページを作成するPHPのフレームワークの1つになり、同じフレームワークであるシンフォニーをもとに開発されたものになります。
laravelは、MVCという開発方法を導入しているので、初心者の方でも理解しやすい仕様になっています。
ウェブ開発に必要な機能がほとんど備わっている点も魅力になります。
関連ソフトが豊富にある点やディレクトリ構成の自由度が高い点もメリットの部分です。
Laravelを使った開発スキルがあると、フリーランス案件の仕事の受注を検討する方は増えることになります。

関連リンク
laravelフリーランス
【超入門】Laravel とは?できること・基本をわかりやすく解説

フリーランスLaravel案件の内容

フリーランスLaravel案件には、自社開発が豊富や、Webシステム開発案件が豊富・在宅案件も豊富といった特徴があります。

自社開発案件

自社開発案件は、受託開発だけではなく、自社開発の案件が多く見受けられます。
自社開発案件のメリットの部分は、自身で工程を組み立てたりすることができるので、臨機応変に柔軟に対応することを可能とするので、受託開発に比べて自由度が高いといった点を挙げることができやりがいがあります。
また時間をかけてこだわりを追求することができるので企業の強みとなる部分を効果的にアピールすることができます。
このことからワークバランスを充実したい方などは、自社開発案件が適しており、ベンチャー企業などで多く採用されています。

Webシステム開発案件

ウェブシステム案件が多いといった特徴があります。
さまざまなウェブメディアや予約サイトや、マッチングサービス開発・ゲーム開発・口コミサイト・転職サイトの案件など多種多様になります。
BtoBサービスの開発案件もあるのですが、BtoCに向けたものが多く見受けられるといった特徴があります。

在宅案件

在宅案件が多いのもlaravelフリーランスの特徴のひとつとして挙げることができます。
在宅に対応しているケースが多く、リモート可能な案件などもあるので、自宅で仕事をすることが可能です。

ニュースでよく見るM&Aとは何か?光本勇介氏の解説

フリーランスで働く場合の単価の相場

laravelの歴史はまだまだ新しいことから、昔からの企業よりも先進性があるベンチャー企業やスタートアップ企業などが多く求人募集している傾向が強いです。
これらの企業は、新たな働き方を柔軟に採用していることが多いので、在宅勤務やフレックスタイム制度なども積極的に導入しています。
フリーランスで働く場合の単価の相場はどのくらいになるのでしょうか。
結果から伝えると経験年数によって単価は異なることが多いです。
経験が1年未満の方の場合の平均年収は約400万前後になり、経験5年以上の方の場合の年収は1000万円を超えるケースもあります。
このことから経験年数が多いと単価の相場がアップしていく仕組みになります。
しかし経験年数が少なくてもスキルや実績が認められると、高収入を見込むこともでき、逆に経験年数が多くても能力が伴っていない場合は平均年収よりも低い年収になることもあります。

効果的に稼ぐためのスキルや能力

では効果的に稼ぐためにはどのようなスキルや能力が必要になるのでしょうか。

最新バージョンを扱えるようにしておく

最新バージョンを扱えるようにしておくと良いです。
最初にリリースされてから何度もバージョンアップしているといった特徴があるので、おのずと変更点が出てくるようになります。
このことから最新のバージョンに対応することができないと、案件を受注することができなくなってしまう恐れもあります。
このような事態にならないためにも更新の際、最新のバージョンにしておくことが重要になります。

マネジメントスキルが求められる

マネジメントスキルが求められる場合もあります。
高額な大きな案件になるとチームを率いていくことができるスキルが必要になります。
大人数で案件に取り組むことになるので、集団をうまくまとめて、スムーズに作業ができる環境を整えることができるスキルを持っていると非常に有利です。

データベースの知識を保有しておく

データベースの知識を保有しておくこともウェブ開発において大切なことになります。
データベースは数多くあるのですが、対応することができると実務に活かすことができます。

自己管理力

自己管理力も必要になるスキルのひとつになります。
特に在宅ワークやリモートワークで働く場合には、自宅での作業になることが多いので、自己管理をしっかりとおこなう必要があります。
自宅で仕事をする際にはオンとオフの切り替えが難しいことがあり、ついついだらだらしてしまうことにつながり、作業効率が低下してしまいクライアントや、チームを組んでいる場合にはチームの仲間に迷惑をかけてしまうことになるので、自身で管理できる能力が求められます。

まとめ

案件を獲得の仕方は、交友関係が広い場合などは紹介で仕事をもらえることができるのですが、そうでない場合はフリーランスエージェントを利用したり、クラウドソーシングサイトの活用などで案件を獲得することができます。
PHPフレームワークを使った経験があれば未経験でも活躍することができるので、PHPフレームワークを使ったことがない方の場合は、案件を獲得するのは困難になるので、PHPを習得するようにすることをおすすめします。

貸切バスにはいろいろな種類があります

「貸切バスの種類が知りたい」
「大型の貸切バスは何人ぐらい乗れるの?」
「貸切バスの比較サイトでおすすめは?」

大人数で移動する時に、貸切バスを利用することがあるでしょう。
人数に応じて利用することができますので、適切な大きさのバスを予約して利用してみてください。

こちらもおすすめ
貸切バス 比較
貸切バスを大きさで選ぶなら【貸切バスの達人】でまとめて比較OK

大型バスであれば1台で45名までは乗れる

大体の人数とはなりますが、大型バスであれば1台で45名までは乗れます。
補助席を使えば55名くらいまで乗ることができます。
学校の遠足だとか修学旅行などで利用したことがある人が多いでしょう。
もちろん、学校だけではなく様々な団体などが大人数で移動する時にもよく利用される大きさです。

老人ホームや介護施設の種類やそれぞれの特徴を知ろう!

中型バスの場合は27名まで乗車可能

中型バスの場合は27名まで乗車できます。
大型バスを見慣れてしまうと補助席があるのではと思うかもしれませんが、中型バスの場合は補助席がないことが多いです。

マイクロバスの場合は20名まで乗車できる

マイクロバスの場合は20名まで乗車でき、こちらは補助席があります。
補助席を使うと27名まで利用できます。
小型バスの場合は21名までですが、一般的に補助席はありません。
もっと小さいミニバスもあります。
ミニバスであれば13名まで乗車できますが、一般的の補助席はありません。

荷物室について

大荷物を持っている人が利用することも多いのですが、どの種類であっても荷物室があるわけではありません。
大型・中型バスにはありますが、小型バスはあったりなかったりしますので、事前に確認しておいた方が良いです。
他は荷物室が付いていませんが、座席を倒して荷物を置くことができます。

車椅子を利用する人がいる場合

車椅子を利用する人がいる場合は、リフト付きの福祉バスを借りると良いです。
リフト付きと言っても上記の貸切バスと同じだけ種類があります。
利用する人数に応じて選ぶことができます。

サロンバスの特徴

これらの他にもサロンバスと言うゆったりできる種類がありますので、旅行などに活用してみませんか。
テーブルを囲むことができますので、長距離移動も快適に過ごせるでしょう。
大型と中型と小型とがありますので、人数に応じて選んでみてください。
やはり、一般の車両と比べると料金は割高にはなりますが、とても人気がありますので利用する時には早めに予約を入れた方が良いかもしれません。

なるべく早めに予約を入れた方が安心

貸切バスと言ってもたくさんの種類がありますが、利用するスケジュールが決まり次第、なるべく早めに予約を入れた方が安心です。
需要が高まってきていますので、予約が入れられる時に早めに入れておきましょう。
特に、福祉車両はあまり数が多くはありませんし、特に早めに予約を入れておいた方が良いです。

まとめ

大人数で移動する時に活用したい貸切バスの種類を知って、適切に利用しませんか。