甲子園で有名な畑恵理事長の作新学院とは

最終更新日 2024年5月17日 by wissma

高校野球が大好きな人が多いですが、甲子園と言えばいくつかの高校が浮かびませんか。
その中の一つに作新学院があるでしょう。
一体、どんな高校なのかを知っていますか。
野球部が強いというイメージしかない人も多いかもしれませんが、とても魅力的で野球部以外も優れている高校と言っても良いのではないでしょうか。

作新学院のコース

東大に進学した卒業生がいるくらいですから、カリキュラムも他の高校とは違うと言えます。
いくつものコースがありますから、自分に合っているコースを選ぶことから始まります。

コースを見てみると、大きく分けて3コースにわかれており、そこからまた枝分かれしているのでよく考えて選ぶことが重要です。

英進部

英進部は成績によって2つにわかれています。
そこからさらに1年次は2つにわかれますが、2年次以降はさらにわかれます。

総合進学部

総合進学部も1年次から2つにわかれており、2年次以降はさらに枝分かれして、大学進学に備えることができるでしょう。

情報科学部

最も細かく細分化されるのは、情報科学部です。
こちらに進む場合は作新学院に入学する前から、卒業後の進路を見据えておくことが重要でしょう。

生徒たちは一人一人将来の夢も違っています。
これだけたくさんのコースがあるのならば、幅広い生徒を受け入れることができます。
実際に幅広い生徒をこれまでも受け入れていますし、難関大学へ進学した生徒もたくさんいますので、自分の夢をかなえたいと思っているのならば、進学を考えるのも良いかもしれません。

野球以外の部活動も全国大会へ進出している

野球部が強いイメージが先行しているかもしれませんが、他の部活動も全国大会へ進出するなどしています。
陸上部やゴルフ部、卓球部やバドミントン部などたくさんの部活があります。
ゴルフ部は珍しいかもしれません。
他にも珍しい部活があり、ゲートボール部もあり、全国大会で優勝したこともあります。

部活動もとても活発で、たくさんありますし、それぞれの部活動がかなり強いと言っても良いのかもしれません。
運動部だけではなく、文化部も充実しています。
たくさんありますから、きっと自分がやりたいと思う部活動を見つけることができるはずです。
文化部の中には写真部だとか、音楽部や茶道部、ボランティア部などもあります。

高校だけでなく幼稚園からある

高校がとても有名ではありますが、高校だけではありません。
幼稚園からありますので、子供がいるのならば幼稚園に入れることを考えても良いのかもしれません。
幼稚園を「自分らしく生きる始まり」と考えています。
そのために、「自分の頭で考える」「自分の心で感じる」「自分の力で行動する」ことを目指した教育をしています。
幼い時から、このような人間を目指すことができることは、とても大事なことではありませんか。

小学部、中学部もありますし大学もあります。
小学部では少人数のクラスで授業を行っています。
私立学校と言うこともあって、独自のカリキュラムで子供が学ぶことができるのは魅力的なことかもしれません。
こちらは、キリスト教の学校ですから、キリスト教の愛の精神を基盤にした教育を受けることができます。

中等部では、アットホームな雰囲気を大切にしています。
単にアットホームな雰囲気にするだけではありません。
幼稚園と通じると言っても良い「自ら考える心豊かな生徒」の育成を目指しています。
自分で考える力を身につけることに作新学院では取り組んでいるのでしょう。
これはとても大事なことで、意外と自分であまり考えない大人が多いかもしれません。
そう考えると、こちらに入学してしっかりと自分で考えられる人間に成長できると良いのではないでしょうか。

作新学院大学には経営学部と人間文化学部がある

作新学院大学には、経営学部と人間文化学部があります。
女子短期大学部には、幼児教育科があります。
大学と女子短期大学部のキャンパスは、新国立競技場を設計士した隈研吾氏のデザインです。
一流の建築士がデザインしたキャンパスですから、きっと快適に学ぶことができるはずです。
また、大学院もあります。

最も有名なのは、高校かもしれませんが、幼稚園からあることがわかります。
しかも、自分で考える力を身につけることができるでしょうし、高校を卒業する時には立派な人間になっていると言っても良いのかもしれません。

幼稚園や小学部や中等部から入学して、より自分で考えられるたくましい人間になることができるかもしれません。
有名人が卒業していることでも有名です。
超有名なアスリートが卒業していますので、世界で戦えるような人間になりたい生徒にぴったりと言える学校でしょう。

まとめ

栃木県にあり、栃木県の中でもとても有名な学校です。
栃木県やその周辺に住んでいるのならば、前向きに入学を考えるのも良いかもしれません。
勉強だけではなく、部活動も手を抜かないことで、とても充実した学校生活を送ることができるはずです。
友達との大切な思い出を作ることもできるでしょうし、他校では味わえない経験をたくさんすることができるのかもしれません。

 

関連データ
畑恵はどんな人?~キャスターから政治家へ~