ニュースでよく見るM&Aとは何か?光本勇介氏の解説

「M&Aの特徴が知りたい」
「光本勇介氏の経歴が知りたい」
「光本勇介氏の現在や過去の経歴に興味がある」

ニュースや新聞を見ていると、聞き慣れない言葉を見聞きする機会も多いです。
何となく分かっているつもりでも、どういうことですかと質問された時にしっかりと答えることは出来ないというビジネス用語はたくさんあります。
興味はあるけれど、説明しづらいビジネス用語についてこの機会によく理解しておきましょう。

光本勇介氏の現在

豊富なジャンルのビジネス書の中には流通業も含まれます

光本勇介さんに聞く!M&Aとは

テレビのニュース番組や新聞などで、M&Aという言葉を見聞きする機会も増えています。
このM&AとはMergersandAcquisitionsの略語でMergersが合併Acquisitionsは買収の意味を持ち、企業の合併買収のことを指しています。
日本でこのM&Aという言葉がビジネスのことについて興味がない人にも知れ渡ったのが、2005年のライブドアとフジテレビのニッポン放送の株争奪戦ではないでしょうか。
敵対的買収はM&Aの手法の1つで、様々な企業などを巻き込み大きな騒動となったのは印象に残っているという人は多いでしょう。
M&Aは基本的に2つ以上の会社が1つになるケースや、会社が他の会社を買うことです。
以前はニッポン放送の株争奪戦や、外資系企業による会社の乗っ取りというイメージがM&Aには色濃くありましたが最近は企業が成長する為の有効な戦略手段として用いられることも増えています。
一般的には会社同士の合併や買収のことを指しますが、企業同士の連携や資本の移動は伴わない業務連携などの広義として使用される場合もあります。

企業に与えるメリットとデメリット

合併や買収を行うことにより、企業に与えるメリットもあればデメリットも少なからずあります。
売り手側のメリットとしては合併買収により、会社の問題が解決し存続することが出来る点や経営資源がもたらされることにより売り手側の企業の経営が安定し発展を進めることが出来ます。
また既存の社員の雇用を、継続することが出来る点もメリットです。
デメリットとしては売り手側の企業は、経営に関するあらゆる権限が縮小することになり買収というイメージが取引先や消費者へのイメージダウンに繋がる場合もあります。
企業は存続しても、社員の離職が加速してしまう場合もあります。
買い手側のメリットとしては今行っている事業の強化や拡大が進めやすく、効率よく行えるようになる点が挙げられます。
新たな事業の展開も、低いリスクで行えるようになる点もメリットでしょう。
合併や買収によって売り手側の企業に在籍している、レベルの高い人材の確保やこれまで培ったノウハウを手に入れることが出来るのも大きなメリットです。
買い手側のデメリットとしては合併や買収後に、想定より低い効果に留まるケースも発生します。
元々異なる企業が一緒になることはただ単に契約上のことだけではなく、組織が上手に噛み合わなくなることもあり社員の離職が進んでしまう場合もあります。
企業を経営していく為には人や物や金の三大資源が複雑に絡み合い、想定外のことが起こることがあります。
メリット・デメリットをよく検討した上で判断することが重要で、人と人のコミュニケーションが欠かせないものであることを理解しましょう。

合併買収を実際に行う上で注意すること

実施した後に後悔しない為にも、合併買収を実際に行う上で注意することを認識しておくことは大切です。
売り手側の企業としてはまず何より合併買収によって、今いる顧客や取引先との契約や関係性が変わってしまうことです。
顧客や取引先によっては、これまでの取引を見直したいと申し出てくるケースもあり事前にこれからの関係性についてよく検討しておく必要があります。
社員の雇用条件や、労働の環境自体が変わることも想定されます。
売り手側から買い手側へ事業が譲渡された場合には、雇用の契約を1から結び直す必要があり社員が離職しやすい環境となります。
優秀な人材を失わない為にも雇用が継続するだけではなく、条件についても交渉することが大切です。
買い手側の注意点としては合併や買収をしたからといって、すぐに成長効果が実感出来る訳ではないことを頭に入れておくことです。
合併や買収は事前の交渉や実際の成約までに1年以上かかる場合が多く、長期的な目を持つことが重要です。
合併や買収によって組織を組み直す必要がある場合もあり、いかにシンプルな組織を構成するかが鍵となります。
合併や買収はどこの企業とでも上手くいくものではなく、買い手側の企業と合った相乗効果が期待出来る企業を探すことが大切です。
その上で条件について細かい交渉を行い、契約となる前にリスクに対して1つずつ対策を練ることです。

まとめ

合併や買収はあくまで1つのプロセスに過ぎず、契約後のプロセスこそが本番です。
専門家を用意してあらゆるリスクに対して、事前に対策を取りスムーズな事業進化が出来るような環境を整えておくことが必要です。
昨今流行状態となっている感染症の関係もあり、業績悪化によって国内だけではなく国外でも合併や買収を行う企業が増加しています。
企業同士が1つになることで、新たな関係構築とこれまでにない事業進化を発展させる為には様々な準備が必要不可欠です。