版権とは何か?また売買についても解説

「版権って何?」
「版権の売買について知りたい」
「版権の歴史に興味がある」

版権」とは1875年(明治8年)に改正された出版条例で初めて使われるようになり、1899年(明治32年)に著作権法が公布されるまでの間に用いられていました。
現在の著作権法の著作権とは摘要される範囲が異なっており、著作物のうちの一部である図書等についての権利であり、「脚本」、「音楽」、「写真」、「映画」等のイメージしやすい著作物は対象とされていませんでした。

【特集】版権売買達人映像

福沢諭吉がcopyrightの訳語として作り出した

歴史的には明治時代に福沢諭吉がcopyrightの訳語として作り出したものと考えられています。
明治20年には単独の著作権立法として「版権条例」という法令が作成されましたが、1999年の著作権法では「著作権」の語が「版権」に代わり、法律上は廃止されてしましました。
また、別の意味合いとして二次元の創作物(同人誌)では「版権モノ」と言われることがあります。
すでに存在するキャラクターを使って描くわけですから、犯罪として問題になることが多々あります。

なぜ株式会社ゴールドリンクで資産運用を扱っているのか

売買する場合には「契約書」を交わす必要性がある

そういった観点から既存の著作物を使用する際には売買が必要という事になります。
売買する場合にはいくつかの注意点が存在します。
まず売買する場合には「契約書」を交わす必要性があります。
口約束で行うことも可能とされていますが、そのような場合にはどのような内容で合意したのか認識が食い違ってトラブルとなる恐れがある上、契約内容を示す証拠もないため、問題解決まで時間がかかることもあります。
契約書を交わしておくことで、双方の合意内容を明らかにして書面に残しておくことができるため、認識違いなどのトラブルを未然に防止することができます。
譲渡時は必ず契約書を作成するようにしましょう。

「ライセンス」や「特許」について

また、似たような言葉として「ライセンス」や「特許」という言葉があります。
法人向けの言葉であり、個人の著作物以上に多額の金額で取引されます。
そういった意味では「版権」と捉えることもできます。
これらには「ライセンス契約」を取り交わす必要があり、自社の持つ特許や実用新案、意匠、商標、著作権、ノウハウ等の知的財産権を他社に対して一定の対価(実施料・使用料・利用料)により,ライセンス(実施権・使用権・利用権)を許諾する契約をいいます。
知的財産権をライセンスする側は「ライセンサー」と呼ばれ、ライセンスを受ける側は「ライセンシー」と呼ばれます。

まとめ

すべての権利を売却せず、このような形で他社に使用を許諾して利益を得ることも可能なのです。
ライセンス契約は弊社提携の行政書士事務所が作成します。