看護師が美容クリニックの社員に転職する

「美容クリニックで働きたい」
「社員として働くメリットとデメリットを知りたい」
「たかの友梨さんのエステで働きたい」

現在看護師として働いている人の中には、夜勤や残業で生活が不規則になっていて、この点がきついと考えている人も多いかもしれません。
だからといって夜勤をなくした場合には、お給料が安くなってしまうことが心配で、なかなか転職に踏み切れないと言う人も多いことでしょう。
このような看護師の体力的負担や、給料に関する悩みの対策の1つに、美容クリニックの社員になる選択肢が挙げられます。

「たかの友梨」は福利厚生が魅力的!社員は出産後も安心して職場復帰可能

【最新版】インプラント治療を行うことのメリット

美容クリニックで看護師の社員として仕事を行う場合

美容クリニックを見てみると、一般クリニック等と同じように看護師として勤めている人がいるのが実情です。
美容クリニックで看護師の社員として仕事を行う場合には、その仕事内容としては、予約の受付患者の悩みや希望に関するカウンセリング、治療計画、注射などの専用機器による施術等のような色合意が該当します。
施術を受けた後の患者に対するアフターケアなども、仕事の1つに入るでしょう。
美容外科クリニックとなると、整形手術の補助業務を行うこともあります。

美容クリニックで社員として働くメリット

夜勤がなく残業も少ない

このような美容クリニックで社員として働くことにはメリットもあればデメリットもありますが、メリットにあげられる事は、なんといっても夜勤がなく残業も少ない点です。
美容外科や皮膚科などの場合には、夜勤はほとんど発生する事はありません。
予約の診療がほとんどであり、閉院時刻には締めやすいことから、長時間の残業が発生することもないのです。
規則的に生活することができ、看護師としてワークライフバランスが取りやすくなっています。

給与水準も高め

そして給与水準も高めでありインセンティブによる給与アップも目指せるでも大きなメリットです。
美容クリニックの場合には、診療は一般的には保険診療の割合が少なく、実費の自由診療がメインとなっています。
このようなことから料金設定はクリニック単位で決められるため、高いお給料として反映されることがメリットです。
成果をあげることでインセンティブが基本給にプラスして支払われるところもあり、自分自身がどれだけ頑張れるのかによって、収入アップの可能性も期待できます。

美容の知識を高められる

そして美容の知識を高められる点です。
美容やスキンケアなどに高い関心を持つ看護師であれば、働きながら美容に関して高い知識を身に付けられることでしょう。
従業員価格で施術が受けられることから、自分自身がお得にきれいになることも可能です。
接客スキルを身につけ一般病院に勤めている場合には、病気や怪我の患者と接する仕事となりますが、クリニックの場合には患者は顧客と言う意識が強いです。
顧客に対しての業務のマナー、スキルなどを身に付けられるので、医療の世界から踏み出したビジネスの世界に触れられます。

美容クリニックで社員として働くデメリット

販売ノルマが設定されている

反対にデメリットに挙げられる事は、場合によっては販売ノルマが設定されていることです。
これがクリニックにより異なることですが、販売する化粧品、サプリメント等には、ノルマが課されるケースもあるのです。
これが場合によってはプレッシャーになることもあり、気になる場合にはこのようなノルマがないところを選ぶことが求められます。

医療行為の機会が少なくなりがち

そして医療行為の機会が少なくなりがちなことです。
一般病院の場合には採血や検査などの医療行為がほとんどかもしれませんが、これと比較した場合には、医療行為は減ってしまいます。
看護師としてこのようなスキルを大切にしたいと考えているのであれば、このような特徴はデメリットになってしまうでしょう。

土曜や日曜、祝日などに出勤するクリニックが多い

そして土曜や日曜、祝日などに出勤するクリニックが多いことです。
病院は土曜日曜、祝日などはお休みとなっていますが、平日に働いている人に合わせて、美容クリニックの場合には休日に診療を行うケースが多いです。
曜日などの休みで希望がある場合には、事前に情報をしっかり調べた上で転職先を探すことが求められます。

実際に転職した看護師に話を聞いてみる

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかりましたが、実際に転職した看護師に話を聞いてみると、1番多い回答が得られたものは、人間関係が良いと言う人です。
給料が高水準であること、また夜勤がないことなども理由の1つに上がるものの、それらを超えてまで人間関係の良さが評価されていると言うことです。
美容がテーマになっている職場であることから、女性同士の趣味や嗜好が合うことも影響しているとも言えるでしょう。
またクリニックといっても美容皮膚科と美容外科の2つに分かれます。
皮膚科の場合には美容に特化した施術や薬剤の処方が行われます。
医療脱毛やシミ、保倉などを除去するレーザー治療などが挙げられるでしょう。
薬剤は塗り薬飲み薬等が中心となり、美白作用のあるもの、ニキビ治療力などが中心となります。
その一方で美容外科の場合には整形手術などの外科治療が一般的です。
プチ整形などの技術も行われることでしょう。

まとめ

このような2つの業態に分けられるものの、どちらを選んだとしても仕事内容は電話の受付や患者の予約管理、カウンセリング業務や医療行為、その補助業務、院内の清掃や衛生管理が仕事内容の中心です。
大きな違いは整形手術の解除業務の有無とも言えるでしょう。