バナナには食物繊維が豊富に含まれています

バナナを食べる女性

バナナは一年間を通して、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなどで安価で販売されています。
仕事や家事、育児などで忙しい人でも皮を剥くと、簡単に食べることが出来るので人気の高い果物です。
日本人は芋類や穀類、豆類などを摂取する機会が減少しているので、人体に欠かせない食物繊維が不足しがちです。

食物繊維が不足するとどうなるか?

食物繊維が不足すると便通が悪くなったり、腸内の環境が悪くなって肌荒れや体調不良の原因になってしまいます。
バナナには水溶性と不溶性の食物繊維の2種類が豊富に含まれているので、一日に適量を食べる習慣を付けると良いでしょう。
若い頃から便通が悪い人もありますし、加齢による腹筋の衰えや薬の副作用でも便秘がしやすいです。
便秘薬は常習性がありますし、腹痛や下痢などの原因になるのでなるべく避けたい人が増えています。
バナナはそのまま食べても美味しいですが、いちごなどの他のフルーツを加えてヨーグルトに掛けて食べるのもお勧めです。
ヨーグルトは代表的な乳製品ですが、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、果物に加えて食べる習慣を付けると良いでしょう。

バナナチップスなどの乾燥果物をおやつに食べるのもお勧め

乾燥させた果物には食物繊維が豊富に含まれているので、バナナチップスなどの乾燥果物をおやつに食べるのもお勧めです。
バナナチップスはカロリーが高めなので摂取量は抑える必要がありますが、優しい甘味が特徴になっており不足しがちな栄養素を補うことが出来ます。
スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニなどで乾燥果物が販売されているので、自宅に常備をしておくと便利です。
仕事や育児、家事などで忙しいと食事の時間が不規則になったり、野菜や果物が不足しがちになります。
30代を過ぎると生活習慣病に罹るリスクが高まるので、生活習慣や食生活を見直す努力が必要です。

ビタミンやカリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれている

バナナはビタミンやカリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているので、毎日適量を食べることで不足しがちな栄養素を補うことが出来ます。
頑固な便秘の人は3日から1週間程度排便がないことが多く、臭いの強い便やおならが出るので悩んでいる人が少なくありません。
臭いの強い便やおならが出る時は腸内環境が悪くなっているので、体調不良や肌荒れの原因になってしまいます。
頑固な便秘で悩んでいる場合は、朝に果物を摂取するのをお勧めします。
中高年以降の年代になると食べる量が減少して、朝はあまり食欲がないと感じることが多いです。
食欲がない時でもばななを牛乳や豆乳を加えて、ジュースにして摂取すると良いでしょう。

バナナジュースは優しい甘味が特徴でとても美味しい

高品質で上質なミキサーやジューサーを購入しておくと、忙しい朝の時間でも短時間でジュースを作ることが出来ます。
ジュースは優しい甘味が特徴でとても美味しいので、無理なく続けることが出来るのが魅力です。
スーパーマーケットやドラッグストアで一年間購入出来ますが、日持ちがしない果物なので早めに食べきるようにしましょう。
りんごなどの果物には食物繊維が豊富に含まれているので、好みの果物と一緒に摂取するのがお勧めです。
朝は活動をする時間帯なのでカロリーの高い朝食や、ジュースなどを摂取しても消費をするので安心出来ます。
便通が悪くなったり、下痢や便秘を繰り返していると大腸ポリープや大腸がん、急性大腸炎などの病気に罹りやすくなります。

便や老廃物は体内では不要な物

健康を維持するためには栄養バランスの良い食事、便や水分、老廃物などを体外に排出をすることが大事です。
便や老廃物は体内では不要な物なので、体外に排出をすることで健康や若さを維持することが出来ます。
現代は高齢化社会になっているため、年齢を重ねても若々しく健康を保ちたい人が多いです。
30代以降の年齢になるとがんや糖尿病、心臓病、腎臓病などの病気に罹りやすくなります。
生活習慣病を予防して80代を過ぎても自分の足で歩くためには、食生活や生活習慣を改善する努力が必要です。
ジュースや乾燥チップスなどからでも、食物繊維を補うことが出来るのでまずは続けてみると良いでしょう。

インターネット通販の専門店を利用する

近くにスーパーマーケットやコンビニなどが少ない場合は、インターネット通販の専門店を利用するのがお勧めです。
インターネット通販の専門店では信頼できる産地の果物を仕入れており、新鮮で栄養価の高い商品を取り扱っています。
毎日ジュースを作るのが面倒だと感じる場合は、インターネット通販の専門店で市販のジュースを購入すると良いでしょう。
信頼できる会社の商品は衛生管理や品質管理を徹底した工場で製造をしているので、体の弱い人も安心して飲むことが出来ます。
グラノーラやヨーグルトと相性の良い果物なので、自宅に常備をしておくと良いでしょう。

まとめ

食べ過ぎるとお腹が緩くなったり、痛くなることがあるので一日の適量を守ることが大事です。
冷蔵庫に保管をするよりは常温で保管したほうが、日持ちがしやすい傾向があります。
信頼できる産地の果物を取り扱っているお店を探して、購入することが大事です。