バナナには食物繊維が豊富に含まれています

バナナは一年間を通して、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなどで安価で販売されています。
仕事や家事、育児などで忙しい人でも皮を剥くと、簡単に食べることが出来るので人気の高い果物です。
日本人は芋類や穀類、豆類などを摂取する機会が減少しているので、人体に欠かせない食物繊維が不足しがちです。

食物繊維が不足するとどうなるか?

食物繊維が不足すると便通が悪くなったり、腸内の環境が悪くなって肌荒れや体調不良の原因になってしまいます。
バナナには水溶性と不溶性の食物繊維の2種類が豊富に含まれているので、一日に適量を食べる習慣を付けると良いでしょう。
若い頃から便通が悪い人もありますし、加齢による腹筋の衰えや薬の副作用でも便秘がしやすいです。
便秘薬は常習性がありますし、腹痛や下痢などの原因になるのでなるべく避けたい人が増えています。
バナナはそのまま食べても美味しいですが、いちごなどの他のフルーツを加えてヨーグルトに掛けて食べるのもお勧めです。
ヨーグルトは代表的な乳製品ですが、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、果物に加えて食べる習慣を付けると良いでしょう。

バナナチップスなどの乾燥果物をおやつに食べるのもお勧め

乾燥させた果物には食物繊維が豊富に含まれているので、バナナチップスなどの乾燥果物をおやつに食べるのもお勧めです。
バナナチップスはカロリーが高めなので摂取量は抑える必要がありますが、優しい甘味が特徴になっており不足しがちな栄養素を補うことが出来ます。
スーパーマーケットやドラッグストア、コンビニなどで乾燥果物が販売されているので、自宅に常備をしておくと便利です。
仕事や育児、家事などで忙しいと食事の時間が不規則になったり、野菜や果物が不足しがちになります。
30代を過ぎると生活習慣病に罹るリスクが高まるので、生活習慣や食生活を見直す努力が必要です。

ビタミンやカリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれている

バナナはビタミンやカリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれているので、毎日適量を食べることで不足しがちな栄養素を補うことが出来ます。
頑固な便秘の人は3日から1週間程度排便がないことが多く、臭いの強い便やおならが出るので悩んでいる人が少なくありません。
臭いの強い便やおならが出る時は腸内環境が悪くなっているので、体調不良や肌荒れの原因になってしまいます。
頑固な便秘で悩んでいる場合は、朝に果物を摂取するのをお勧めします。
中高年以降の年代になると食べる量が減少して、朝はあまり食欲がないと感じることが多いです。
食欲がない時でもばななを牛乳や豆乳を加えて、ジュースにして摂取すると良いでしょう。

バナナジュースは優しい甘味が特徴でとても美味しい

高品質で上質なミキサーやジューサーを購入しておくと、忙しい朝の時間でも短時間でジュースを作ることが出来ます。
ジュースは優しい甘味が特徴でとても美味しいので、無理なく続けることが出来るのが魅力です。
スーパーマーケットやドラッグストアで一年間購入出来ますが、日持ちがしない果物なので早めに食べきるようにしましょう。
りんごなどの果物には食物繊維が豊富に含まれているので、好みの果物と一緒に摂取するのがお勧めです。
朝は活動をする時間帯なのでカロリーの高い朝食や、ジュースなどを摂取しても消費をするので安心出来ます。
便通が悪くなったり、下痢や便秘を繰り返していると大腸ポリープや大腸がん、急性大腸炎などの病気に罹りやすくなります。

便や老廃物は体内では不要な物

健康を維持するためには栄養バランスの良い食事、便や水分、老廃物などを体外に排出をすることが大事です。
便や老廃物は体内では不要な物なので、体外に排出をすることで健康や若さを維持することが出来ます。
現代は高齢化社会になっているため、年齢を重ねても若々しく健康を保ちたい人が多いです。
30代以降の年齢になるとがんや糖尿病、心臓病、腎臓病などの病気に罹りやすくなります。
生活習慣病を予防して80代を過ぎても自分の足で歩くためには、食生活や生活習慣を改善する努力が必要です。
ジュースや乾燥チップスなどからでも、食物繊維を補うことが出来るのでまずは続けてみると良いでしょう。

インターネット通販の専門店を利用する

近くにスーパーマーケットやコンビニなどが少ない場合は、インターネット通販の専門店を利用するのがお勧めです。
インターネット通販の専門店では信頼できる産地の果物を仕入れており、新鮮で栄養価の高い商品を取り扱っています。
毎日ジュースを作るのが面倒だと感じる場合は、インターネット通販の専門店で市販のジュースを購入すると良いでしょう。
信頼できる会社の商品は衛生管理や品質管理を徹底した工場で製造をしているので、体の弱い人も安心して飲むことが出来ます。
グラノーラやヨーグルトと相性の良い果物なので、自宅に常備をしておくと良いでしょう。

まとめ

食べ過ぎるとお腹が緩くなったり、痛くなることがあるので一日の適量を守ることが大事です。
冷蔵庫に保管をするよりは常温で保管したほうが、日持ちがしやすい傾向があります。
信頼できる産地の果物を取り扱っているお店を探して、購入することが大事です。

なぜ小児矯正治療が必要なのかについて

よく小さい子供が笑って口を開けたら、金属製のワイヤーが歯に巻かれて歯科矯正しているのを見た人も多いはずです。
その時に、どうせ子供の歯は抜けて永久歯に生え変わるにだから、何でわざわざ正しい位置に矯正して治す必要があるのかと疑問に感じた人もいるかもしれません。
そもそも全ての子供が矯正が必要という訳ではなく、何が原因で歯並びが悪くなるのかと言うと、一部遺伝的な要素もありますが食生活や悪い習慣が起因します。

子供の歯並びが悪くなる原因

最近の食品はビーフジャーキーやスルメなど噛み応えのある食品が減って、柔らかい食べ物が増えました。
柔らかい食べ物は噛まずに食べられるため、顎の筋肉の鍛えられなくなった事が歯並びを悪くする1つの要因となっています。
それに加えてテーブルや机に手をついて頬杖をしたり、おしゃぶりを卒業した後も未練がましく指しゃぶりを続けるなどの悪習慣によっても歯並びが悪くなります。
子供が歯並びが悪くなると、当然普通にハミガキをしても上手に汚れを落とせずに、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
野球やテニスやゴルフなどのスポーツをやっている人なら知っていると思いますが、バットやラケットやクラブをスイングする時にインパクトの瞬間歯を噛みしめますが、それも出来にくくなって苦手になります。
また姿勢にも影響を与えて、腰痛や関節痛にもなりやすくなって健康も害してしまいます。
そしてなにより歯並びの悪い外見を気にして、それをコンプレックスに感じて笑顔が無くなって暗い子になるリスクが高まります。
そういった理由から小児矯正治療は必要で、まだ悪くなり始めの小さい時から始めれば短期間で改善させる事が出来て、生活指導で悪い習慣も改善させやすいです。

大人になったらさらに酷い健康面と心理面の影響が出てくる

それでもやっぱり高いお金を出して小児矯正治療するのはお金が勿体ないと考えたり、どうせ子供の歯は抜けて永久歯が生えるから問題ないと思っている親御さんもいるかもしれません。
少し考えれば解る事ですが、子供の歯が抜けた箇所に順番に永久歯が生えてきます。
歯並びが悪い所に生えてくれば、当然変形した形で生えてきてしまいます。
そして子供の頃に悪い歯並びと嚙み合わせのまま永久歯が生えると、大人になったらさらに酷い健康面と心理面の影響が出てしまいます。
歯並びが悪いとすきっぱなどの間に食べカスが溜まりやすくなり、ハミガキし難くなって虫歯や歯周病のリスクは子供の頃よりも高まります。
さらに長期間歯並びが悪いと、顎の関節にも悪影響を与えて、大きく口を開けたら痛みを伴う額関節炎を発症する可能性が増します。
当然ですが歯並びは悪習慣を繰り返した期間が長ければ、それだけどんどん悪化して行きます。
見た目にコンプレックスを感じて、人前で笑えなくなって性格まで内向的になってしまいます。
そして大人になってからも歯科矯正治療は可能ですが、噛み合わせの悪さは子供時代よりも酷くなって同じ治療を行っても期間が何倍にも長期化したり、外科的な手術でしか対処できなくなってしまいます。
そのようにならないためにも子供の出来るだけ早い時期に、小児矯正治療を始めた方が楽です。

小児矯正は6歳から12歳ぐらいの時期に行うのが一般的

小児矯正はいくつ位の年齢が対象かと言うと、6歳から12歳ぐらいの時期に行うのが一般的です。
何故この時期かと言うと、乳歯から永久歯に生え変わる時期が矯正治療の最適期だからです。
大人の矯正治療との違いは、子供の場合は顎の成長をコントロールできる点にあります。
何故なら子供の骨格はまだ成長過程なので柔らかくて、歯の土台のバランスの調整が非常にやりやすいからです。
ワイヤーを掛ける本数も少なく済むため、治療費もその分安く済みます。
小児矯正治療で使われる器具は、拡大床とFKOとムーシールドとリンガルアーチとヘッドギアとワイヤーブラケットが用いられます。
拡大床は、自分で取り外しが可能な器具で、歯列の横幅を広げたり歯を移動させる事が出来て、1日18時間以上使用する事が推奨されてます。
FKOも自分で取り外す事が可能な矯正器具で、出っ歯や受け口などの飛び出した歯を正しい位置に戻すために使われ、1日10時間で歯ぎしりをする就寝時間に使用されます。
FKOを使う事で、出っ歯や受け口の原因の歯ぎしりの力が分散されて改善します。
ムーシールドは取り外し可能な器具で、マウスピースのような形をしていて、出っ歯や受け口の予防に就寝時間に使われます。
リンガルアーチは、自分で取り外せない器具で、奥歯にセメントを使って装着させて、針金を使って歯列を整えたり顎を広げるために用いられています。
器具が奥歯で目立ちにくいというメリットがある反面、しゃべり難くなったりハミガキもし辛くなります。

まとめ

ヘッドギアは自分で取り外しが可能な矯正器具で、乳歯段階の出っ歯の治療に用いられます。
ワイヤーブラケットは、大人の歯科矯正でも用いられる器具で、永久歯の矯正が行えます。
ワイヤーを調整する事で、自由に強められるため微調整して細かい歯の移動が可能です。
これらの治療とセットで、歯並びを悪くする悪習慣の生活指導も行います。

立川 小児矯正