看護師が美容クリニックの社員に転職する

「美容クリニックで働きたい」
「社員として働くメリットとデメリットを知りたい」
「たかの友梨さんのエステで働きたい」

現在看護師として働いている人の中には、夜勤や残業で生活が不規則になっていて、この点がきついと考えている人も多いかもしれません。
だからといって夜勤をなくした場合には、お給料が安くなってしまうことが心配で、なかなか転職に踏み切れないと言う人も多いことでしょう。
このような看護師の体力的負担や、給料に関する悩みの対策の1つに、美容クリニックの社員になる選択肢が挙げられます。

「たかの友梨」は福利厚生が魅力的!社員は出産後も安心して職場復帰可能

【最新版】インプラント治療を行うことのメリット

美容クリニックで看護師の社員として仕事を行う場合

美容クリニックを見てみると、一般クリニック等と同じように看護師として勤めている人がいるのが実情です。
美容クリニックで看護師の社員として仕事を行う場合には、その仕事内容としては、予約の受付患者の悩みや希望に関するカウンセリング、治療計画、注射などの専用機器による施術等のような色合意が該当します。
施術を受けた後の患者に対するアフターケアなども、仕事の1つに入るでしょう。
美容外科クリニックとなると、整形手術の補助業務を行うこともあります。

美容クリニックで社員として働くメリット

夜勤がなく残業も少ない

このような美容クリニックで社員として働くことにはメリットもあればデメリットもありますが、メリットにあげられる事は、なんといっても夜勤がなく残業も少ない点です。
美容外科や皮膚科などの場合には、夜勤はほとんど発生する事はありません。
予約の診療がほとんどであり、閉院時刻には締めやすいことから、長時間の残業が発生することもないのです。
規則的に生活することができ、看護師としてワークライフバランスが取りやすくなっています。

給与水準も高め

そして給与水準も高めでありインセンティブによる給与アップも目指せるでも大きなメリットです。
美容クリニックの場合には、診療は一般的には保険診療の割合が少なく、実費の自由診療がメインとなっています。
このようなことから料金設定はクリニック単位で決められるため、高いお給料として反映されることがメリットです。
成果をあげることでインセンティブが基本給にプラスして支払われるところもあり、自分自身がどれだけ頑張れるのかによって、収入アップの可能性も期待できます。

美容の知識を高められる

そして美容の知識を高められる点です。
美容やスキンケアなどに高い関心を持つ看護師であれば、働きながら美容に関して高い知識を身に付けられることでしょう。
従業員価格で施術が受けられることから、自分自身がお得にきれいになることも可能です。
接客スキルを身につけ一般病院に勤めている場合には、病気や怪我の患者と接する仕事となりますが、クリニックの場合には患者は顧客と言う意識が強いです。
顧客に対しての業務のマナー、スキルなどを身に付けられるので、医療の世界から踏み出したビジネスの世界に触れられます。

美容クリニックで社員として働くデメリット

販売ノルマが設定されている

反対にデメリットに挙げられる事は、場合によっては販売ノルマが設定されていることです。
これがクリニックにより異なることですが、販売する化粧品、サプリメント等には、ノルマが課されるケースもあるのです。
これが場合によってはプレッシャーになることもあり、気になる場合にはこのようなノルマがないところを選ぶことが求められます。

医療行為の機会が少なくなりがち

そして医療行為の機会が少なくなりがちなことです。
一般病院の場合には採血や検査などの医療行為がほとんどかもしれませんが、これと比較した場合には、医療行為は減ってしまいます。
看護師としてこのようなスキルを大切にしたいと考えているのであれば、このような特徴はデメリットになってしまうでしょう。

土曜や日曜、祝日などに出勤するクリニックが多い

そして土曜や日曜、祝日などに出勤するクリニックが多いことです。
病院は土曜日曜、祝日などはお休みとなっていますが、平日に働いている人に合わせて、美容クリニックの場合には休日に診療を行うケースが多いです。
曜日などの休みで希望がある場合には、事前に情報をしっかり調べた上で転職先を探すことが求められます。

実際に転職した看護師に話を聞いてみる

このようにメリットもあればデメリットもあることがわかりましたが、実際に転職した看護師に話を聞いてみると、1番多い回答が得られたものは、人間関係が良いと言う人です。
給料が高水準であること、また夜勤がないことなども理由の1つに上がるものの、それらを超えてまで人間関係の良さが評価されていると言うことです。
美容がテーマになっている職場であることから、女性同士の趣味や嗜好が合うことも影響しているとも言えるでしょう。
またクリニックといっても美容皮膚科と美容外科の2つに分かれます。
皮膚科の場合には美容に特化した施術や薬剤の処方が行われます。
医療脱毛やシミ、保倉などを除去するレーザー治療などが挙げられるでしょう。
薬剤は塗り薬飲み薬等が中心となり、美白作用のあるもの、ニキビ治療力などが中心となります。
その一方で美容外科の場合には整形手術などの外科治療が一般的です。
プチ整形などの技術も行われることでしょう。

まとめ

このような2つの業態に分けられるものの、どちらを選んだとしても仕事内容は電話の受付や患者の予約管理、カウンセリング業務や医療行為、その補助業務、院内の清掃や衛生管理が仕事内容の中心です。
大きな違いは整形手術の解除業務の有無とも言えるでしょう。

【2022年最新】原子力発電所の理解をしておく

「原子力発電について詳しく知りたい」
「株式会社アトックスの評判にどうなの?」
「福島復興を掲げるアトックスの本社はどこ?」

日本の原子力発電所が存在していますが、これを海外に売り込もうとしています。
これに関しては賛否両論になりますので、特にどちらが正しいと言う事はありません。
このように原子力発電を進めていった理由は、日本には地下資源などが存在しないからだと、原子力発電に詳しい株式会社アトックスは言います。
日本海や太平洋側などを持っていけば地下資源は存在するかもしれません。
原子力発電所は、電力の供給を賄っているのですが、全体に見るとどれぐらいの電力を発電することができるのか疑問になります。

アトックス評判

原子力発電所の電力供給率は全体の6%ほど

結論から言えば、全体の6%ほどの電力を供給していることがわかります。
これが多いのか少ないのか明確ではないもの、通常であれば80%から85%位の電力が使われている状態です。
つまり、100%を超えてしまうといよいよパンクしますが、いつも80%から85%位ならばまだ余裕がある状態です。
仮に6%なくなったとしても、94%位まで使ってもパンクしないことが理解できます。
とは言え、これは通常の話であり夏や冬場等は過剰にエアコンなどを使うため電気料金が高くなるだけでなく、電気の利用料が非常に多くなることがわかっているわけです。
そうすると、電力自体がかなり過剰に利用されることになり、パンクすることもあるかもしれません。
もしパンクをしてしまうと、停電などの状態が発生します。

停電がもたらす弊害

しかもこの停電は長期的になる恐れがあるため、注意しなければいけません。
例えばどこかの架線が切れた場合であれば原因が明確になっており、その部分を修理すれば元通りに戻ります。
しかし、電力が非常に消費されている状態で100%を超えてしまうと、いよいよ危険な状態になりあらゆる箇所で停電が発生するでしょう。
そのような状態になると、一般家庭で電気が使えなくなるだけでなく、工場等にも大きな損害が出てしまいます。
工場の場合はそこまで人命に関係ありませんが、病院になるとかなり厄介かもしれません。
一般的に病院は自家発電を備えているため、手術をする場合でも途中で電力が停止してしまうわけではありません。
それ故、命の危険にさらされているわけではないといえます。
ただ、これが長期間続くと非常に厄介なことが理解できるでしょう。
なぜなら、夏の暑い時に皆がエアコンを使いパンクしてしまい結果的に停電になったとすれば、しばらく夏の暑さが続くと頻繁に停電が起きてしまいます。
そうすると、手術ができないだけでなく入院患者に供給している機械などが一斉に止まってしまう可能性も否定できません。
そのような意味において、わずか6%しか使っていない原子力発電も非常に重要な役割を果たしていることがわかります。

火力発電とガスによる発電は日本のエネルギーの大半を占める

ではそれ以外の発電を見ていると、例えば火力発電などが非常に有効と言われています。
火力発電と、ガスによる発電は日本のエネルギーの大半を占めると言っても良いかもしれません。
もしなくなってしまうと、完全に経済が回らなくなってしまうのです。
そしてガスに関しては随分と輸入に頼っているため、輸入がなくなってしまうと非常に厳しい状態に追い込まれるかもしれません。
輸入で厳しいのはやはり円安の状態になります。
円安が長く続くと、輸入するときの商品の値段が高くなるため国内にも大きな打撃を与えかねません。
ちなみに2022年段階では円安になっており、このままさらに円安が続くことで、国内全体がさらに不景気になる可能性も少なくありません。

風力発電の特徴

では他の電力を見てみると、例えば風力発電などが存在しています。
昔の昔に比べて、山の頂上や丘の上なのに風力発電が設置されている例も少なくないわけです。
実際に風の力で電力を動かすことができますが、そこまで大きな電力を起こすことができません。
もう少し厳密に言えば、原子力発電に比べて風力発電の場合はかなり状況によって発電量が違うと言われています。
例えば、台風のような風が吹いた場合は比較的マックスの状態で発電をすることができるわけです。
そうすると、全体の電力の3%から5%位を担うことができるかもしれません。
しかし、あくまで自然の力を利用することになるため、台風などのつよい風が吹かなければ最大出力を発揮する事は無いわけです。
そうすると、ポテンシャルはあるにもかかわらず、そのポテンシャルを生かすことができず残念な結果に終わることも少なくありません。
よく海の近くや山の中腹に設置してあるのは、少なくとも風が吹きやすいからです。
少しでも風が吹きやすい場所にプロペラを設置することで、より強い風を受けるようにしています。

まとめ

それでも、普段から台風のような風速30メートルから40メートル位の風が吹いているエリアは日本には存在せず、地球にもそのようなエリアは存在しません。
最大値を100とすれば普段は20%から30%位の力しか使っていないのは現状です。
風力発電と比較した場合、原子力発電はそれだけ安定していることが理解できます。
もちろん危険性が完全にないと言えないため、今回はまだ改善の余地があります。

老人ホームや介護施設の種類やそれぞれの特徴を知ろう!

この記事は以下のような人におすすめです

・老人ホームや介護施設の種類を知りたい
・両親が高齢のため介護施設に入居予定である
・父親が脳梗塞になって入居施設を探している

高齢化社会に突入している日本では、老人ホームや介護施設などの需要が年々高くなっていてさらに高齢者が増えると考えられる時代になると各施設の数だけではキャパ不足になるのではないか、このように考えることもできるのではないでしょうか。
高齢者の中には自立した生活を送ることができる人と介護が必要な人が存在しているわけですが、要介護者などに最適化されている施設には公的機関による特別養護施設や介護老人保健施設、介護療養病棟や介護医療院などの種類があり、民間の施設には介護付きや住宅型などの有料施設でもある有料老人ホームが存在します。

湘南 老人ホーム紹介

介護の名がついている施設の場合

介護の名がついている施設の場合は、介護認定を受けている人だけが使えるなどの特徴を持つのですが、自宅で一人暮らしをしていると心配になるなどの理由から介護認定を受けてないお年寄りが入居することができるのがケアハウスやサービス付き高齢者向け住宅などになります。
ケアハウスは公的施設で、サービス付き高齢者向け住宅は民間施設になるのですが、他にもシニア向け分譲マンションや健康型の有料老人ホームなどの種類も民間施設の中には存在しているようです。

運営母体や目的、入居条件などで様々な種類がある

これらの施設は、運営母体や目的、入居条件などで様々な種類があるので両親が年老いてこのような施設を利用してお世話して貰いたいときなど分からない人も多いといえましょう。
仮に、介護認定を受けている場合にはケアヘルパーさんなどに相談することで色々な施設の紹介や特徴などを教えて貰うことができるけれども自立しているシニアなどの場合は、専門家と相談する機会もないので分からないケースは多いわけです。
ただ、これらの施設は大きく分けると介護保険施設と呼ぶ社会福祉法人や医療法人などが運営母体になる公的な施設と民間の会社が運営を行っている民間施設があります。
役割に応じて細かく分かれているので、それぞれの違いを一つずつ確認しておけば良いのです。

原則要介護度が3以上から入居できる特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、公的施設の一つで原則要介護度が3以上から入居することができるようになっています。
主に、入浴や食事などの日常生活での介助を受けて生活を送ることができるもので、月額料金としては10万円~15万円などの金額になるけれども、地域により入居待ちになるエリアも少なくありません。
要介護度は、介護認定審査の過程でもある訪問調査や主治医意見書などの情報を基に専門家が審査会を経て決定されるもので、当該被保険者の現時点での介護サービスの必要量の度合いを意味するものです。

要介護度について

要介護度は大きく分類すると3段階で、細かく分類すると8段階になるといいます。
審査を受けたお年寄りが、介護保険によるサービスがまだ必要ないとなったときには非該当になり、介護保険サービスの利用はできません。
ただ、今後の予防を目的にした地域支援事業を使うことができるので住まいの住所を管轄している役所の高齢福祉担当などに相談されると良いでしょう。

審査結果が2になったときには要支援の判定になるのですが、判定の基準には今後の予防の目的や軽度かつ少量の介護サービスが必要と判断できるなどが挙げられます。
要支援の認定には、度合いに応じて要支援1と2の2段階での判定基準が設けられていて、要支援1より要支援2の方が必要サービス量が多いことを意味します。
審査結果が3になったときには要介護認定になるのですが、体の衰弱が激しい人や認知症などの進行が見受けられるときなどは要介護認定になるようです。
さらに、要介護認定には度合いにより1から5までの5段階に分かれているのが特徴で、数値が大きくなるほど介護サービスの必要性が高まります。

介護老人保健施設とは

特別養護老人ホームの場合は、原則要介護度3以上からの入居になるので、要支援や非該当などのお年よりは入居することができませんし、要介護度1や2などの場合も同じことがいえるわけです。
介護老人保健施設も公的施設に含まれるものですが、ここは病院から退院したけれども直ぐに自宅では生活が困難な人が入居して在宅復帰を目指す目的で利用する場所です。
入居期間は3か月から半年程度などになっていて、期限も状態などにより変わります。

介護療養型医療施設に公的施設の一つで、医師および看護師など医療従事者が常駐していて、急性の疾患からの回復期になる寝たきりのお年寄りに対し医療ケアおよびリハビリなどを提供する場所です。
回帰したときには退去になるのですが、この後は介護医療院や介護老人保健施設などに移る形になるようです。

グループホームは65歳以上で要支援度が2以上の認知症を持つ人が入居可能

グループホームも老人ホームの一つになるのですが、グループホームは65歳以上で要支援度が2以上の認知症を持つ人が入居できる施設です。
専門的なケアはもちろん家庭的な雰囲気の中で他のお年よりやサポートスタッフさんなどと共同生活ができるメリットがありますが、基本的には対象になる市区町村の人のみが入居できるなどの制限が設けてあります。

まとめ

このように、それぞれの状態に応じて入居できる施設やサービスが変わる、このようなことも覚えておくと役立ちますよね。

熱視線が高まっている再生可能エネルギー

より一層地球で快適に過ごせるようにすべく、世界規模で共通して強く意識が向けられているのが生活や経済のために必要なエネルギーの手配の術についてであり、地球に対して優しい方法でエネルギーが得られるとして熱視線が注がれているのが再生可能エネルギーです。
自宅などにも搭載する事例が増えている様子から太陽光発電が身近な存在として認知されていますが、他にも風力を活用した物や水力を活用している物、地球の熱を用いている事例や太陽の熱を用いている事例などもあります。

化石燃料のように物理的に減少していかない

共通しているのは、太陽光など意識的に生み出さなくても無意識的に発生し続けているものをきっかけにしてエネルギーが生み出せる点であり、化石燃料のように物理的に減少していかない点で違いがあります。
太陽光発電が身近な存在になっていて実際に導入している家庭も増えているのは、導入に際して要する初期費用が顕著に小さくなってきている点が関係していて、熱視線がより高まっている今日ではますます導入しやすい環境が整備されていきます。
また、再生可能エネルギーが全ての人々にとって関係している理由として挙げられるのが、室内のスイッチを押せば明るく照明が光る様子も関係しているためです。
室内に備え付けられているスイッチを押すだけで照明が明るく点灯するのは常に電気が来ている仕組みによるものですが、電気を届けてくれている電力会社は自由に選定できるようになっているため、数ある電力会社の中から再生可能エネルギーを用いて発電をしている企業を選べば、取り分けて太陽光発電システムなどを導入していなくてもすぐに環境の事を考えた動きができます。

日本が持つ自然環境や土地との相性が良い

世界規模で注目されている理由の中には、今後も地球での生活を継続していってもエネルギー源が足りなくなる心配が解消される事がありますが、日本ならではの魅力としては日本が持つ自然環境や土地との相性が良い様子も挙げられます。
日本はエネルギー源として用いている物は外国から輸入して手配していますが、自国内で手配する事ができれば輸入するステップが解消できる上に、ステップが少なくなった事でより利用しやすい環境でエネルギーが提供できます。
そのように、普段の生活をしている場と近い所で力強いエネルギーが生み出せるようになれば緊急事態が発生してもいつもの生活と変わりなくエネルギーが手に入れられるようになりますし、ビルや自宅に太陽光発電システムを導入していれば電気が通っていなくても個人的に太陽光から電気が作れます。
再生可能エネルギーは汎用性が高い仕組みであるが故に各々が持っている特徴にも差異があるので、尚一層多くのエネルギーを手に入れたいと考えているのなら、発電量が多くさせやすい仕組みを環境などと照らし合わせて決めると良いです。
多くの人達にとって身近な太陽光発電システムは気軽に導入できる様子が魅力かつ特徴ですし、太陽光が受けられる場所なら設置する場所も自由に決められます。
屋根の上に設置する方法はもちろん、建物の壁面を使用して設置する方法も可能なので屋根の形状や面積の関係上他の場所を選びたい時には、壁を選べば十分に太陽光が得られます。

天気や季節にも左右されないのが頼もしい風力発電

雄大な自然の中で力強く動く様子が美しさも感じられる風力発電は風が吹けば電気に変えられるため、一定して強い風が吹き続けている所に設置するととても安定して電気が手に入る上に、天気や季節にも左右されないのが頼もしい特徴です。

参考記事Influx星野敦 洋上風力発電

海岸沿いなどに大きな風車を立てて電気を生み出し続けている様子は多くの人達が写真や映像で目にした経験がありますが、小さなタイプであれば自宅に設置して同じ仕組みで電気が生み出せますし、物理的に羽が回転している様子から自然の力によって電気が発生している事が実感できます。
再生可能エネルギーの中で、金銭的な負担がとても小さいのに得られる電気が大きい仕組みとして挙げられるのが水力発電で、水力発電は海の波もしくは川の流れを活用するので小さなシステムで開始できます。
さらに、これまでは廃棄していた生ごみや廃材などを再利用してエネルギーにするバイオマス発電もあり、バイオマス発電は国内で育てられて伐採された木材が有効活用できる方法としても注目されています。
このように、電力会社や新しいエネルギーを使ってより良い社会を生み出す事を目的にしている企業などが企業単位で導入して電気を作り出す仕組みの他に、手で持てる大きさであるのに再生可能エネルギーの仕組みがわかったり電力が得られるアイテムもあります。

まとめ

現代の生活を送る時にはスマートフォンの存在がとても大事ですが、スマートフォンを安定して使用するにはバッテリーが無くなる前に充電をする必要があります。
バッテリーを充電する時に充電ケーブルを壁面のコンセントに挿入して充電するのではなく、小型の太陽光パネルが付いているアイテムに接続すれば太陽の光からスマートフォンが充電できて緊急時にも重宝します。

プロパンガスと都市ガスの違いとは?

人間は生きていくうえで、必要なものがいくつかあります。
例えば住まいであり、食べ物や着るものなどです。
その中でも住まいは一番大切なものであることは、言うまでもないでしょう。
その住まいを明るくするためには、電気やガスなどのインフラが欠かせません。
電気がなければ部屋は暗くなりますし、ガスがなければお湯もわかせません。
そのガスには二つの種類があります。
引っ越しなどの際に、借りる予定の賃貸住宅が「都市ガス」なのか「プロパンガス」なのか、分かれていることが多いです。

都市ガスとプロパンガスの違い

ここで考えることになるのですが、都市ガスとプロパンはどのような違いがあるのでしょうか。

成分の違い

まず都市ガスとプロパンは、ガスの成分等に違いがあるのです。
前者は天然ガスが原料となっているのです。
主にメタンという成分が中心になります。
逆に後者のほうは、ブタンやプロパンを主成分としている点が異なります。
プロパンガスは「LPガス」という呼び方もされますが、LPガスの成分は空気より重く、都市ガスは逆に空気より軽いという真逆の特徴もあります。

供給の仕方

他にも主な特徴として、都市ガスはガス管から供給されるのを知っている人は多いと思います。
それに対して、LPのほうは、ガスボンベが設置されるということがあります。
つまり家のどこかにガスボンベがあれば、LPであると一目でわかり、なければ都市ガスを採用している家だと、一目瞭然なわけです。
都市ガスは地下のガス導管を使って、利用者に届けられますが、LPはガス会社から供給されて、設置されたガスボンベから利用者に届く仕組みです。
その為、プロパンのほうは定期的にガス会社がボンベを交換に来ます。

都市ガスは人口密集地しかガス導管を引くことができない

両者を比較すると、さらに面白いことが分かります。
都市ガスのほうは、導管を設置するためには、莫大な費用が掛かるために、人口密集地しかガス導管を引くことが出来ないのです。
なぜならば、そのほうが初期費用を回収しやすいからです。
人口が少ない地域で莫大な費用をかけて、ガス導管を地下に埋設しても、住む人が少ない地域では、あまり意味をなさないことが分かります。
つまりそのような地域では、プロパンガスのほうが理にかなっているといえます。
LPであれば、ガスボンベ等だけで供給することが簡単で、人があまり密集していない地域では、プロパンのほうがコスパがよいので、必然的に増えてしまうのです。

都市ガスとプロパンガスの利用者数について

利用者数でみると、都市ガスの利用者は日本では50パーセントを超えているのに対して、プロパンの利用者は40パーセントを上回る程度で、都市ガスのほうが若干多いのが現状です。

プロパンの料金は契約するガス会社によってかなり差がある

さて、LPのほうは都市ガスと比べてみると、他にも違いがあります。
プロパンのほうが、都市ガスよりも発熱量が多いという特徴もあるのです。
そうなると割高になるというイメージがあります。
実際はどうなのかというと、プロパンの料金は、契約するガス会社によって、かなり差があるということです。
一方で都市ガスも料金差はありますが、プロパンほどの差ではありません。
両者の料金を比べてみると、基本的にはプロパンのほうが割高な傾向にあります。
理由として考えられるのは、都市ガスは導管を一度引いてしまえば、半永久的にガスを供給できるのに対して、プロパンのほうは定期的にガス会社が、ボンベを交換しなければならないために、その人件費などが掛かるために、割高になるということが考えられるのです。

安全面について

そして、ガスを利用するうえで一番大切な安全面の話ですが、安全面では両社ともに、安全に十分配慮した状態で供給されています。
プロパンのほうは、ボンベが自分の住むすぐ隣の屋外に設置されているために、少し不安になるという人も中にはいるかもしれませんが、警報機などの安全機器が取付されているので、安心して利用できるといえます。
このようにプロパンガスは、都市ガスに比べて割高ではあります。

アパートにはプロパンの物件が多い

そのため都市ガスを選ぶ人がいるかもしれませんが、上述の通りガス会社によって、料金に大きな差があるので、利用する場合には料金を比較して出来るだけリーズナブルな会社をチョイスしてみるのもよいかもしれません。
アパートやマンションを借りる場合には、プロパンであると料金が高いので嫌がる人がいるかもしれませんが、アパートの大家からすると、プロパンは大変重宝するのです。
ですからアパートには、プロパンの物件が多いという特徴もあります。

まとめ

このように、都市ガスとプロパンの差を比べてみましたが、とどのつまりどちらも安全で、安心に利用できるということです。
利用料金が気になるのであれば、「都市ガス」を選ぶことがベストかもしれませんが、「プロパンガス」を選ぶのであれば、いくつかの会社を比較して、料金の安いところを選べばよいだけです。
複数の会社の料金を比べるのは、やや面倒な行為かもしれません。
しかし、安くて安心なガス会社を徹底して見つけるような努力をしてみて損はないでしょう。

関連記事:群馬県のプロパンガス会社・料金相場と地域最安値【まちがす】

大阪のスーパー銭湯!有名どころや楽しみ方を紹介

大阪にはスーパー銭湯がたくさんあり、多くの不眠に日常的に利用されています。
1日で複数を訪れることを趣味にしている人もいるなど、アミューズメント施設としての一面も持っているのです。
ただし、以前から知っているけれど、どこが良いのか分からなくて行ったことがない人も少なくありません。
そういう場合はインターネットで検索すると、特に有名なところを紹介しているページがたくさんヒットします。
そのなかから近場を選ぶと便利ですが、観光スポットなみに有名なところに行きたいと思っている人も多いです。

USJの近くにある空庭温泉の魅力

それならUSJの近くにある空庭温泉が有力な選択肢になります。
こちらはUSJや海遊館で遊んだ人が立ち寄ることでも有名です。
言い換えると、USJや海遊館クラスの観光スポットと同レベルの素晴らしさということです。
訪れると、まるで大正やもっと前の時代にタイムスリップしたような感覚に陥るでしょう。
昔の日本に漂っていた古き良き雰囲気がしっかり感じられるからです。
古風でありながら現代のデザインも取り入れており、その場にいるだけで非日常感が体を包み込んでくれます。
銭湯ということを忘れて、映画の撮影場所にいるような気持ちになってきます。
建物はとても大きくて2階で岩盤浴を楽しむことも可能です。
体をきれいにするだけでなくリラックスが目的であれば、こちらを利用してリフレッシュすると良いでしょう。

3時間ぐらいは軽く遊べてしまう

ちなみに飲食店もありますし、グッズを購入できることもポイントです。
3階も同じくリフレッシュしたい人にうってつけなリクライニングあります。
そして、4階には見事な庭園があり、5階には目玉の大浴場があるといった具合です。
これだけのラインナップなので、3時間ぐらいは軽く遊べてしまいます。
ですから、時間に余裕を持って訪れたほうが得策です。
もちろんお湯も普通のクオリティではありません。
地下深くから湧き出してくるのは弱アルカリ性のお湯です。
かけ流しの露天風呂もありますし、庭園を見下ろせる風呂も用意されているのです。
心を癒されながら美肌になることを期待できるなど、さまざまざなメリットを得られることが魅力となっています。
そう言われても、多くの知らない人と一緒に入ることに抵抗があるという人もいるでしょう。

借り切り風呂を利用する

その場合は借り切り風呂を利用するという打開策も用意されています。
家族やカップルなどが自分たちだけで入れるので、他人の目を気にしなくても大丈夫です。
ただし、予約が必要である点に注意しなければなりません。
時間と料金も事前にチェックする必要がありますが、プライベートの別荘地の風呂に入っているような経験が可能です。
この他にも、高槻天然温泉である天神の湯などが有名です。
こちらの特徴は心地よい風を感じられることであり、地上20メートルを超える場所でリラックスできます。
100%の源泉かけ流しによって、体の隅までしっかり癒されることを期待できます。
しかも20種類にも及ぶ風呂が用意されているので、何度訪れても楽しめることが大きな魅力です。
家族で訪れて、各々が好きな風呂に入るという楽しみ方も定番となっています。
季節を感じられる趣向も凝らされているなど、さまざまな点でおもてなしの工夫がされているのです。
そのため、観光や休日だけでなく仕事帰りに立ち寄る人も珍しくありません。
多くの人のニーズに合致しており、さまざまな形で利用されているのが実情です。
まだまだ素晴らしいスーパー銭湯は大阪にたくさんあるので、自分に合うところを積極的に探してみると良いでしょう。

大阪は利用者同士のコミュニケーションが活発

大阪ならではの特徴として、利用者同士のコミュニケーションが活発であることも挙げられます。
まるで旧来の友人のように気さくに話しかけてくる人が多く、旅路での人の触れ合いのように思えることでしょう。
しかし、たまには一人でゆっくり楽しみたいという人もいるかもしれません。
そのような場合は、事前に大阪のスーパー銭湯の口コミサイトをチェックしておくと参考になります。
同じ大阪でも地域性は異なるため、落ち着いた雰囲気でゆっくり入ることが前提となっているスーパー銭湯もあるのです。
もちろんホームページを見ることも参考になりますが、実際の雰囲気までは分かりづらいことも少なくありません。
やはり利用した人の声が最もリアルなので呼んでおく価値はあるでしょう。
また、持参する道具についても確認しておいたほうが無難です。
たいていはカウンターで販売やレンタルを行っていますが、基本的には自分で持っていたほうが安心できます。

まとめ

さらに、周囲のレジャー施設について調べておくことも欠かせません。
上述の空庭温泉とUSJのようにセットになっていることも多いからです。
レジャー施設があると分かれば、そちらに寄ることも検討すると良いですし、混雑が嫌ならレジャー施設が近くにないところを選びましょう。
大阪のスーパー銭湯にはさまざまなタイプがあるので、このような事前のチェックが重要になります。