プロパンガスと都市ガスの違いとは?

人間は生きていくうえで、必要なものがいくつかあります。
例えば住まいであり、食べ物や着るものなどです。
その中でも住まいは一番大切なものであることは、言うまでもないでしょう。
その住まいを明るくするためには、電気やガスなどのインフラが欠かせません。
電気がなければ部屋は暗くなりますし、ガスがなければお湯もわかせません。
そのガスには二つの種類があります。
引っ越しなどの際に、借りる予定の賃貸住宅が「都市ガス」なのか「プロパンガス」なのか、分かれていることが多いです。

都市ガスとプロパンガスの違い

ここで考えることになるのですが、都市ガスとプロパンはどのような違いがあるのでしょうか。

成分の違い

まず都市ガスとプロパンは、ガスの成分等に違いがあるのです。
前者は天然ガスが原料となっているのです。
主にメタンという成分が中心になります。
逆に後者のほうは、ブタンやプロパンを主成分としている点が異なります。
プロパンガスは「LPガス」という呼び方もされますが、LPガスの成分は空気より重く、都市ガスは逆に空気より軽いという真逆の特徴もあります。

供給の仕方

他にも主な特徴として、都市ガスはガス管から供給されるのを知っている人は多いと思います。
それに対して、LPのほうは、ガスボンベが設置されるということがあります。
つまり家のどこかにガスボンベがあれば、LPであると一目でわかり、なければ都市ガスを採用している家だと、一目瞭然なわけです。
都市ガスは地下のガス導管を使って、利用者に届けられますが、LPはガス会社から供給されて、設置されたガスボンベから利用者に届く仕組みです。
その為、プロパンのほうは定期的にガス会社がボンベを交換に来ます。

都市ガスは人口密集地しかガス導管を引くことができない

両者を比較すると、さらに面白いことが分かります。
都市ガスのほうは、導管を設置するためには、莫大な費用が掛かるために、人口密集地しかガス導管を引くことが出来ないのです。
なぜならば、そのほうが初期費用を回収しやすいからです。
人口が少ない地域で莫大な費用をかけて、ガス導管を地下に埋設しても、住む人が少ない地域では、あまり意味をなさないことが分かります。
つまりそのような地域では、プロパンガスのほうが理にかなっているといえます。
LPであれば、ガスボンベ等だけで供給することが簡単で、人があまり密集していない地域では、プロパンのほうがコスパがよいので、必然的に増えてしまうのです。

都市ガスとプロパンガスの利用者数について

利用者数でみると、都市ガスの利用者は日本では50パーセントを超えているのに対して、プロパンの利用者は40パーセントを上回る程度で、都市ガスのほうが若干多いのが現状です。

プロパンの料金は契約するガス会社によってかなり差がある

さて、LPのほうは都市ガスと比べてみると、他にも違いがあります。
プロパンのほうが、都市ガスよりも発熱量が多いという特徴もあるのです。
そうなると割高になるというイメージがあります。
実際はどうなのかというと、プロパンの料金は、契約するガス会社によって、かなり差があるということです。
一方で都市ガスも料金差はありますが、プロパンほどの差ではありません。
両者の料金を比べてみると、基本的にはプロパンのほうが割高な傾向にあります。
理由として考えられるのは、都市ガスは導管を一度引いてしまえば、半永久的にガスを供給できるのに対して、プロパンのほうは定期的にガス会社が、ボンベを交換しなければならないために、その人件費などが掛かるために、割高になるということが考えられるのです。

安全面について

そして、ガスを利用するうえで一番大切な安全面の話ですが、安全面では両社ともに、安全に十分配慮した状態で供給されています。
プロパンのほうは、ボンベが自分の住むすぐ隣の屋外に設置されているために、少し不安になるという人も中にはいるかもしれませんが、警報機などの安全機器が取付されているので、安心して利用できるといえます。
このようにプロパンガスは、都市ガスに比べて割高ではあります。

アパートにはプロパンの物件が多い

そのため都市ガスを選ぶ人がいるかもしれませんが、上述の通りガス会社によって、料金に大きな差があるので、利用する場合には料金を比較して出来るだけリーズナブルな会社をチョイスしてみるのもよいかもしれません。
アパートやマンションを借りる場合には、プロパンであると料金が高いので嫌がる人がいるかもしれませんが、アパートの大家からすると、プロパンは大変重宝するのです。
ですからアパートには、プロパンの物件が多いという特徴もあります。

まとめ

このように、都市ガスとプロパンの差を比べてみましたが、とどのつまりどちらも安全で、安心に利用できるということです。
利用料金が気になるのであれば、「都市ガス」を選ぶことがベストかもしれませんが、「プロパンガス」を選ぶのであれば、いくつかの会社を比較して、料金の安いところを選べばよいだけです。
複数の会社の料金を比べるのは、やや面倒な行為かもしれません。
しかし、安くて安心なガス会社を徹底して見つけるような努力をしてみて損はないでしょう。

関連記事:群馬県のプロパンガス会社・料金相場と地域最安値【まちがす】

大阪のスーパー銭湯!有名どころや楽しみ方を紹介

大阪にはスーパー銭湯がたくさんあり、多くの不眠に日常的に利用されています。
1日で複数を訪れることを趣味にしている人もいるなど、アミューズメント施設としての一面も持っているのです。
ただし、以前から知っているけれど、どこが良いのか分からなくて行ったことがない人も少なくありません。
そういう場合はインターネットで検索すると、特に有名なところを紹介しているページがたくさんヒットします。
そのなかから近場を選ぶと便利ですが、観光スポットなみに有名なところに行きたいと思っている人も多いです。

USJの近くにある空庭温泉の魅力

それならUSJの近くにある空庭温泉が有力な選択肢になります。
こちらはUSJや海遊館で遊んだ人が立ち寄ることでも有名です。
言い換えると、USJや海遊館クラスの観光スポットと同レベルの素晴らしさということです。
訪れると、まるで大正やもっと前の時代にタイムスリップしたような感覚に陥るでしょう。
昔の日本に漂っていた古き良き雰囲気がしっかり感じられるからです。
古風でありながら現代のデザインも取り入れており、その場にいるだけで非日常感が体を包み込んでくれます。
銭湯ということを忘れて、映画の撮影場所にいるような気持ちになってきます。
建物はとても大きくて2階で岩盤浴を楽しむことも可能です。
体をきれいにするだけでなくリラックスが目的であれば、こちらを利用してリフレッシュすると良いでしょう。

3時間ぐらいは軽く遊べてしまう

ちなみに飲食店もありますし、グッズを購入できることもポイントです。
3階も同じくリフレッシュしたい人にうってつけなリクライニングあります。
そして、4階には見事な庭園があり、5階には目玉の大浴場があるといった具合です。
これだけのラインナップなので、3時間ぐらいは軽く遊べてしまいます。
ですから、時間に余裕を持って訪れたほうが得策です。
もちろんお湯も普通のクオリティではありません。
地下深くから湧き出してくるのは弱アルカリ性のお湯です。
かけ流しの露天風呂もありますし、庭園を見下ろせる風呂も用意されているのです。
心を癒されながら美肌になることを期待できるなど、さまざまざなメリットを得られることが魅力となっています。
そう言われても、多くの知らない人と一緒に入ることに抵抗があるという人もいるでしょう。

借り切り風呂を利用する

その場合は借り切り風呂を利用するという打開策も用意されています。
家族やカップルなどが自分たちだけで入れるので、他人の目を気にしなくても大丈夫です。
ただし、予約が必要である点に注意しなければなりません。
時間と料金も事前にチェックする必要がありますが、プライベートの別荘地の風呂に入っているような経験が可能です。
この他にも、高槻天然温泉である天神の湯などが有名です。
こちらの特徴は心地よい風を感じられることであり、地上20メートルを超える場所でリラックスできます。
100%の源泉かけ流しによって、体の隅までしっかり癒されることを期待できます。
しかも20種類にも及ぶ風呂が用意されているので、何度訪れても楽しめることが大きな魅力です。
家族で訪れて、各々が好きな風呂に入るという楽しみ方も定番となっています。
季節を感じられる趣向も凝らされているなど、さまざまな点でおもてなしの工夫がされているのです。
そのため、観光や休日だけでなく仕事帰りに立ち寄る人も珍しくありません。
多くの人のニーズに合致しており、さまざまな形で利用されているのが実情です。
まだまだ素晴らしいスーパー銭湯は大阪にたくさんあるので、自分に合うところを積極的に探してみると良いでしょう。

大阪は利用者同士のコミュニケーションが活発

大阪ならではの特徴として、利用者同士のコミュニケーションが活発であることも挙げられます。
まるで旧来の友人のように気さくに話しかけてくる人が多く、旅路での人の触れ合いのように思えることでしょう。
しかし、たまには一人でゆっくり楽しみたいという人もいるかもしれません。
そのような場合は、事前に大阪のスーパー銭湯の口コミサイトをチェックしておくと参考になります。
同じ大阪でも地域性は異なるため、落ち着いた雰囲気でゆっくり入ることが前提となっているスーパー銭湯もあるのです。
もちろんホームページを見ることも参考になりますが、実際の雰囲気までは分かりづらいことも少なくありません。
やはり利用した人の声が最もリアルなので呼んでおく価値はあるでしょう。
また、持参する道具についても確認しておいたほうが無難です。
たいていはカウンターで販売やレンタルを行っていますが、基本的には自分で持っていたほうが安心できます。

まとめ

さらに、周囲のレジャー施設について調べておくことも欠かせません。
上述の空庭温泉とUSJのようにセットになっていることも多いからです。
レジャー施設があると分かれば、そちらに寄ることも検討すると良いですし、混雑が嫌ならレジャー施設が近くにないところを選びましょう。
大阪のスーパー銭湯にはさまざまなタイプがあるので、このような事前のチェックが重要になります。