賭け麻雀は違法か合法か

賭け麻雀を行った場合は刑法違法になる

従来は年配の男性が行うイメージが強かった麻雀ですが、最近では4人集まれば手軽にできるゲームとして、老若男女を問わず楽しむ人が増えてきました。

何回やっても同じ状況にならないため飽きずにプレイできることや、大きな役が完成していくときのワクワク感、年齢に関係なく誰にでも勝つチャンスがあることなどが魅力と言えますが、更に近年では手先を動かしながら考えることで脳の活性化に繋がるとして、年配者からも高い人気を集めています。

さて、この麻雀はゲームではありますが「勝負事」でもあるため、どうしてもお金を賭けてプレイしたくなるもので、実際にプレイしたことのある多くの人が賭けた経験をもっていることでしょう。

ところが、たとえわずかな金額でも賭け麻雀を行った場合は刑法違法になることをご存知でしょうか。
刑法185条では「偶然の勝敗に関して財物を賭けてその得喪を争った場合は刑法の賭博罪が成立する」と定められているため、立派な賭博罪が成立してしまうのです。

雀荘では賭博罪にならないのか

しかし、ここで疑問になるのが、雀荘では賭博罪にならないのか、と言うことです。
日本各地の繁華街にある雀荘では、日々お金がからんだ勝負をしている人が大勢いますが、お客や従業員が検挙されたと言う話は聞いたことがありませんよね。

それでは何故雀荘では逮捕されないのか、と言いますと、法解釈上で一定の裁量が警察と検察に与えられているからです。

実は、刑法185条には「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときはこの限りではない」という文言もあり、個人が所有する財産の全てを対象に勝負をするのではなく、一時の娯楽で勝っても負けてもわずかな金額である場合は、警察や検察の権限により黙認されていると推測することができます。

1時間で5万円前後の金額が動くようなレベルは危険

ギャンブルの種類によっては、1回の勝負に全財産をつぎ込むことも可能ですが、麻雀では1回の勝負でも高くて数千円レベルで「一時の娯楽に供する物」の範疇であると考えられているため、健康で文化的な勤労の美風を害するものとは言えないことから実質的に違法性は少ないと考えられ、検挙には至っていません。

したがって、処罰の対象にならないお客に場所を提供している雀荘も、摘発の対象にはなっていないことが現状です。
ただし、過去にメディアなどで賭博罪で検挙されたというニュースが出たことがありますが、それは一般の人では考えられないようなレートでプレイしていたことによるもので、専門家によると1時間で5万円前後の金額が動くようなレベルの場合は、刑法違反で摘発されるとされています。

万が一賭博罪で検挙・摘発された場合は、お客の場合は3年以下の懲役、雀荘は賭博開帳図利罪で3年以上5年以下の懲役となるようです。

麻雀選手権のような大会の賞金は賭博罪が成立しない

また、全国規模で開催されている麻雀選手権のような大会の場合、賞金総額が1千万円など巨額なケースもありますが、これもいくつかの工夫により違法にならないようになっています。

まずそのひとつに、参加費が無料であり負けても財産を失うことがないことや、賞金はスポンサーが出資することになるため、参加者が「財物を賭けてその得喪を争った場合」には該当しないことから、賭博罪が成立しないようになっています。

また、運営サイドも風営法が適用される業者ではない機関を主催者にすることで、賭博開帳図利罪が適用されませんので、このような大会に参加しても検挙されることはありませんので安心です。

まとめ

以上のことから、一般的なレートで楽しむ場合であれば、警察や検察は違法とは知っていても黙認してくれているため安心して楽しめますが、娯楽の範疇を超えたレートの場合は検挙される可能性があるということを認識しておくことが、麻雀を楽しむうえで重要である言えるでしょう。