誰でも楽しめる麻雀の魅力

一度覚えてしまえば初心者上級者問わずに楽しめる!

麻雀は難しそうと思う人も多いことでしょうが、決してそのようなことはありません。
最初に覚えなければいけないことは多いので難しく思えますが、内容はそれほど難しいものはなく簡単なものばかりです。

一度覚えてしまえば、初心者上級者問わずに楽しむことができ、はじめたばかりでも全く和了れないということがないのが、誰でも楽しめる麻雀の魅力となっているのです。

それでいながら技術の介在する要素が大きく、勉強をすればするほどい強くなれるのもいいところです。
このようなゲームはなかなか他になく、実力差が出やすいゲームだと初心者は覚えても上級者に太刀打ちできずに面白くありません。

上級者からしてもあまりに楽に勝てると手応えがなくなってしまい、かと言って運だけで勝敗が決まってしまうのは技を磨く意味がなくなってしまうので、それはそれで面白くないものです。

この辺のバランスが極めて良いのが、麻雀の特徴となっていて上級者だからといって半分も勝てるわけではありませんし、初心者でも10回やって10回負けることはありません。

4人で遊ぶのが他のゲームにはない面白さの一つ

ほんの僅かな差で勝敗が決まりながらも、最終的にはその小さな差がはっきりと明暗を分ける形になるので、誰でも楽しく遊ぶことができるのです。

4人で遊ぶというのも、他のゲームにはない面白さの一つであり3人の敵に囲まれた状態で、その間隙を縫って和了りにかける局面もあれば、3人が協力をして1人を叩きに行くなど、状況次第で敵が味方になったりするところも面白いところだと言えるでしょう。

基本的に敵同士であることは間違いありませんが、状況次第では敵に協力をしたほうが結果的に有利になるということがあります。
敵の敵は味方というように、1人抜けている相手がいるとすれば3人がかりの方が引きずり下ろしやすいものですし、あるいは沈んでいる相手が1人いるとすれば、3人でおさえこんでしまう戦い方もできるのが面白いところです。

似たようなことは他のゲームでもありますが、大きく違うのは実際にゲーム中に敵味方が入れ替わるというのがポイントになります。

4人いなければゲームができないのが欠点

しかし、4人で遊ぶのはメリットでもありますが、一方でデメリットにもなりうるもので4人いなければゲームができないというのは欠点と言えるでしょう。
特に現代人は忙しい人が多いので、面子が揃わないことも珍しくなく麻雀をしたくても面子の問題が出てきてしまいます。

フリー雀荘といった見知らぬ人と打つ場所もありますが、見知らぬ人とお金を賭けて打つのはハードルが高いものがあり、気軽にできるものではありません。
人数の問題によって一時は人気も落ちていた麻雀ですが、近年はお金を賭けずに打つことができるノーレートの雀荘が増えてきて見知らぬ人でも安心して打てるようになりました。

また、ノーレートだけではなく禁煙の店も増えてきてお金を賭けることよりもタバコの煙が嫌だという人も、遊びやすい環境が整ってきています。

オンライン対戦はネット回線があればすぐに対戦可能!

そして、なんと行っても今の時代に再びこのゲームに脚光を浴びせたのが、オンライン対戦です。
オンラインであれば、いつでもどこでもネット回線があればすぐに対戦をすることができ、見知らぬ人でも直接対面をするわけではないので、安心です。

更に実際の雀荘では難しい牌譜を残すことができ、ゲームが終わったあとに自分の打ち方を見直すことができます。
ギャンブルとしてではなく、純粋にゲームとして楽しみたいと考えている人にとってオンライン対戦というのは非常に魅力的であり、技力を磨くのに非常に役立ちます。

数多くの有益なデータも簡単に取り出すことができ、強者との比較も容易になったことから、麻雀の持つ魅力を更に引き出すことになり、再びブームになりつつあります。

まとめ

以上が麻雀の魅力になります。

点数計算など初心者の方には敷居の高そうな麻雀ですが、一度覚えてしまえば高齢になっても楽しめるので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。