建設業界でDX推進に成功するための要素とは

「建設業界が今後成長していくためのポイントを知りたい」
「建設DXって何?」
「ブラニュー株式会社の求人情報を探している」

建設業界は多くの業界の中で最もデジタルシステムの導入が遅れていると言われており、その要素の1つに必要性を感じないというものがあります。
現場作業が多く、また複数の企業がプロジェクトを組んで業務を進めると言う形態が多いこの業界では、情報共有のためにデジタル技術を導入しても共有する情報が少ないと言う実態がありました。
様々な企業間の重要な情報はそれぞれのプロジェクトリーダーが現場で責任を持って伝達する仕組みとなっており、また作業報告書等もプロジェクトリーダーが責任を持って作成すると言うスタイルが多かったためです。
したがって作業者は与えられた作業を粛々とこなすと言う状況であったため、デジタルシステムを導入してもその恩恵に預かると言う事は少なく、むしろそのために様々な作業のプロセスが変わるため負担が大きくなると嫌悪感を持つことも少なくありませんでした。

ブラニュー株式会社 会社概要

太平エンジニアリングについて紹介します

建設業界特有の風土の中でDX推進を行うこと

このような建設業界特有の風土の中でDX推進を行う事は、非常に困難であると考えられる面も少なくありません。
経済産業省は日本の産業の活性化に向けて積極的にその推進を行おうとしていますが、実際には現場ではこれに対する拒絶感も強く、単純に作業の負担が増えるだけと認識されている風潮も大きなものです。
この雰囲気を大きく変えて積極的にDX推進を行い、その効果をもたらすためにはデジタルシステムの利便性をより多くの作業者に浸透させることが重要な課題です。
そのためにブラニュー株式会社など建設業界のDX推進をサポートする企業では、様々なアプローチを行っています。
その一つがこの業界の中で課題となる、様々な案件を達成するためのパートナー企業を探すと言う作業です。
複数の企業がプロジェクトやパートナーシップを結び1つの仕事を完成させることが多いこの業界では、そのパートナー企業を探すことが案件を成功させるための重要なポイントとなります。

インターネットサーバーを利用したパートナー企業のマッチングシステム

従来は職人の経験や社員の実績などからその企業を選ぶと言うことが多かったのですが、最近では様々な問題が発生するリスクもあり公正に選ぶことも重要視されるようになりました。
特定の企業ばかり選んでいる場合には、担当者と何らかの癒着が発生しているのではないかと言われることも多く、実際にはその実態がなくても風評などでパートナーシップを結びにくくなってしまうことも多いものです。
しかし全くその技量がわからない企業を選ぶことが難しく、何らかの基準を設けた上で構成に判定することが必要となっていました。
これを後押しするために開発されたのがインターネットサーバーを利用したパートナー企業のマッチングシステムであり、これを利用することで簡単に対応できる会社を見つけることができるようになります。

迅速に最適な技術を持った企業を見つけることができる

最大のポイントはそれぞれの企業が自らの技術力を登録することで、その情報によってパートナーを選ぶ企業が検索を行うことができるため、迅速に最適な技術を持った企業を見つけることができるのが特徴です。
ホームページと言うシンプルな構造であるため簡単に誰でも利用することができ、同時に24時間365日いつでもその情報を検索することができると言うメリットもあります。
10代は電話で相手企業に連絡をしたり、実際に面談をして詳細を確認すると言うことも多かったのですが、これでは具体的な内容を把握するまでに非常に時間がかかり、なかなか選ぶことができないと言う場合も多いものでした。
しかも数多くの企業の中から選ぶことが時間の制約上難しく、結果的にはよく知っている実績のある企業となってしまうことが多かったものです。

面談等の必要性がなくなるため大幅な時間短縮を実現することができる

このシステムでは単純にパートナー企業を簡単に見つけることができると言うばかりでなく、最適な技術を持ったところを数多くの中から選び出すことができるほか、面談等の必要性がなくなるため大幅な時間短縮を実現することが出来るのもメリットとなっています。
また現場作業の上でもデジタルシステムを利用すると、作業を効率化できる面があり、これも既に実用化されているシステムが存在します。
現場では作業が完了した後その写真を撮影し担当者の記録とともに保管する仕組みとなっていますが、これを作成するためには様々な道具を現場に持ち込まければならず、また写真などを撮影した後担当者は自分の席に戻って報告書を作成しなければならないと言う手間が発生していました。
報告書を作成する段階で確認のために現場に戻ると言うことも多く、そのために多くの時間を費やしていたのが実態です。
この報告書作成をスマートフォンやカメラ付きのタブレットなどを利用することによって現場で作成し、通信を利用して本社に送信することで様々な手間を省くことができます。
作業者は車に戻らずにそのまま帰宅したり、もしくは次の現場に移動することができるため非常に作業効率を高めることができるのも特徴です。

まとめ

このような実際に効果を実感することができるデジタルシステムを数多く導入することで、建設業界の内部からのDX推進に積極的な風潮を生み出そうとしているのが実態です。