【2022年最新】原子力発電所の理解をしておく

「原子力発電について詳しく知りたい」
「株式会社アトックスの評判にどうなの?」
「福島復興を掲げるアトックスの本社はどこ?」

日本の原子力発電所が存在していますが、これを海外に売り込もうとしています。
これに関しては賛否両論になりますので、特にどちらが正しいと言う事はありません。
このように原子力発電を進めていった理由は、日本には地下資源などが存在しないからだと、原子力発電に詳しい株式会社アトックスは言います。
日本海や太平洋側などを持っていけば地下資源は存在するかもしれません。
原子力発電所は、電力の供給を賄っているのですが、全体に見るとどれぐらいの電力を発電することができるのか疑問になります。

アトックス評判

原子力発電所の電力供給率は全体の6%ほど

結論から言えば、全体の6%ほどの電力を供給していることがわかります。
これが多いのか少ないのか明確ではないもの、通常であれば80%から85%位の電力が使われている状態です。
つまり、100%を超えてしまうといよいよパンクしますが、いつも80%から85%位ならばまだ余裕がある状態です。
仮に6%なくなったとしても、94%位まで使ってもパンクしないことが理解できます。
とは言え、これは通常の話であり夏や冬場等は過剰にエアコンなどを使うため電気料金が高くなるだけでなく、電気の利用料が非常に多くなることがわかっているわけです。
そうすると、電力自体がかなり過剰に利用されることになり、パンクすることもあるかもしれません。
もしパンクをしてしまうと、停電などの状態が発生します。

停電がもたらす弊害

しかもこの停電は長期的になる恐れがあるため、注意しなければいけません。
例えばどこかの架線が切れた場合であれば原因が明確になっており、その部分を修理すれば元通りに戻ります。
しかし、電力が非常に消費されている状態で100%を超えてしまうと、いよいよ危険な状態になりあらゆる箇所で停電が発生するでしょう。
そのような状態になると、一般家庭で電気が使えなくなるだけでなく、工場等にも大きな損害が出てしまいます。
工場の場合はそこまで人命に関係ありませんが、病院になるとかなり厄介かもしれません。
一般的に病院は自家発電を備えているため、手術をする場合でも途中で電力が停止してしまうわけではありません。
それ故、命の危険にさらされているわけではないといえます。
ただ、これが長期間続くと非常に厄介なことが理解できるでしょう。
なぜなら、夏の暑い時に皆がエアコンを使いパンクしてしまい結果的に停電になったとすれば、しばらく夏の暑さが続くと頻繁に停電が起きてしまいます。
そうすると、手術ができないだけでなく入院患者に供給している機械などが一斉に止まってしまう可能性も否定できません。
そのような意味において、わずか6%しか使っていない原子力発電も非常に重要な役割を果たしていることがわかります。

火力発電とガスによる発電は日本のエネルギーの大半を占める

ではそれ以外の発電を見ていると、例えば火力発電などが非常に有効と言われています。
火力発電と、ガスによる発電は日本のエネルギーの大半を占めると言っても良いかもしれません。
もしなくなってしまうと、完全に経済が回らなくなってしまうのです。
そしてガスに関しては随分と輸入に頼っているため、輸入がなくなってしまうと非常に厳しい状態に追い込まれるかもしれません。
輸入で厳しいのはやはり円安の状態になります。
円安が長く続くと、輸入するときの商品の値段が高くなるため国内にも大きな打撃を与えかねません。
ちなみに2022年段階では円安になっており、このままさらに円安が続くことで、国内全体がさらに不景気になる可能性も少なくありません。

風力発電の特徴

では他の電力を見てみると、例えば風力発電などが存在しています。
昔の昔に比べて、山の頂上や丘の上なのに風力発電が設置されている例も少なくないわけです。
実際に風の力で電力を動かすことができますが、そこまで大きな電力を起こすことができません。
もう少し厳密に言えば、原子力発電に比べて風力発電の場合はかなり状況によって発電量が違うと言われています。
例えば、台風のような風が吹いた場合は比較的マックスの状態で発電をすることができるわけです。
そうすると、全体の電力の3%から5%位を担うことができるかもしれません。
しかし、あくまで自然の力を利用することになるため、台風などのつよい風が吹かなければ最大出力を発揮する事は無いわけです。
そうすると、ポテンシャルはあるにもかかわらず、そのポテンシャルを生かすことができず残念な結果に終わることも少なくありません。
よく海の近くや山の中腹に設置してあるのは、少なくとも風が吹きやすいからです。
少しでも風が吹きやすい場所にプロペラを設置することで、より強い風を受けるようにしています。

まとめ

それでも、普段から台風のような風速30メートルから40メートル位の風が吹いているエリアは日本には存在せず、地球にもそのようなエリアは存在しません。
最大値を100とすれば普段は20%から30%位の力しか使っていないのは現状です。
風力発電と比較した場合、原子力発電はそれだけ安定していることが理解できます。
もちろん危険性が完全にないと言えないため、今回はまだ改善の余地があります。